スタッフブログ

保険の豆知識・店舗紹介など、
保険見直し本舗のスタッフがさまざまな情報をお届け!

ペット保険に入ろうと思うのです その10~老齢になっても入れるの?~

ペットフード協会の調べによりますと、国内で飼育されている犬の平均寿命は13.94歳、猫の平均寿命は14.45歳です(2012年)。
昔に比べてずいぶんと長くいっしょに暮らせるんだなと思うと、わたしはうれしいです。

 
ペットも元気なうちは年取った姿なんて考えられないけど、人間より歳を取るのが何倍も早いんですよね…。
 
犬や猫は生まれてから最初の1年半で人間で言う20歳くらいになり、その後は1年で約4歳ずつ歳を取るといった計算になります(大型犬はもう少し加齢の速度は早いようです)。
 
言うまでもないのですが、ペットも人間と同様に歳を取れば病気のリスクはどんどん高くなっていきます。

ペットの医療費は高額ですし、高齢化によって病院に行く回数も増えていくことでしょう。
ですから、ペットを飼ったら、高齢化したときのこともきちんと考えておかなくてはいけません。

 


ペット保険には、一般的に新規加入時のペットの年齢に制限があります。

 
ペットが一定の年齢を超えていなければ、基本的に健康診断書は不要で、告知書に記入するだけで加入できます
 
保険会社によって加入時の年齢の制限に違いがありますし、ある年齢以上では健康診断書の提出が必要なところもあります。

特に大型犬は高齢化するのが早いと言われているので、2歳で加入できなくなってしまう保険会社もあるようです。
 
わたしはかわいいペットと家計のために、ペット保険の加入を考えています。
 
わたしの愛猫は今3歳なので、加入時の年齢制限は問題ありません。

ですが、若くても大きな病気をしてしまった猫を飼ったことがありますので、早めに加入をするつもりです。

 
ペットを介護する際に心が折れないようにするには、金銭的な負担を軽くすることが重要だと、身をもって経験しました。
健康なままで寿命まで生きてくれたらと願っていますが、介護をすることにもなるかもしれません。
そのときはペットのために、時間や苦労をいとわず介護したいと思います。


保険見直し本舗 TOP

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP