スタッフブログ

保険の豆知識・店舗紹介など、
保険見直し本舗のスタッフがさまざまな情報をお届け!

ペット保険に入ろうと思うのです その11~保険適用外になるもの~

ペット保険に入っているからといって、病院で行うすべての施術が保険適用になるわけではありません。

人間の場合でも、健康診断や人間ドックなどは保険適用とはならないですよね。

動物も調子が悪く、獣医師が診断して必要な施術であれば保険適用となりますが、予防目的の場合は適用外となります。


例えば、今わたしの愛猫で気になっている歯石。

病院で歯石を取るとしたらいくらかかるのか聞いてみると、保険適用ではないので40,000円はかかるとのことでした!

(動物は全身麻酔が必要だから高額なんです…)

 

歯石がひどくなり、ご飯が食べられなくなってしまったり、ほかの病気を発症したりすれば保険適用になるかもしれませんが、そこまで放ってはおけません。

人間であれば、歯石を取るにしてもそんなにかからないですよね。

 

多くのペット保険では、おもに下記のような場合、保険適用になはならないようです。

 

・健康診断等治療を伴わない検査費用

・去勢・避妊費用

・妊娠、出産費用

・断耳等の美容整形費用

・ノミ・ダニ除去費用

・義歯・義足等形成費用

・マイクロチップの埋込費用

・老衰に伴う介護、安楽死費用

・疾病予防のための検査及び医療費用

・健康補助食品及び療養食等の費用

・往診、時間外費用

・治療にかかる消費税

・ペットホテル、一時預かり等の費用

・混合ワクチン等の予防費用

・乳歯抜歯、歯切、歯石除去(ポリシング含む)

・停留睾丸、臍ヘルニア、そけいヘルニア

・各種指導料

・外部検査依頼費用

・鍼灸、ホメオパシー、薬浴療法、アロマテラピー等の代替医療または減感作療法

・その他治療を伴わない費用

 

ほかにも、ペットの飼い主によってケガをさせてしまった場合には、ペット保険適用外になります。

さらに、災害によるケガもペット保険の適用外となりますので注意しましょう。

 

保険適用になるかわからない場合には、一度保険会社に問い合わせをしてみるのが一番手っ取り早く、確実かもしれません。

わたしは「重要事項説明書」を読むのがとても苦手なので、詳しい人にその都度、気軽に聞けたら助かります><

 

ペット保険に入っていれば絶対に保障されるわけではないということを、覚えておかなくてはなりませんね。

 
 
保険見直し本舗 TOP

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP