スタッフブログ

保険の豆知識・店舗紹介など、
保険見直し本舗のスタッフがさまざまな情報をお届け!

保険体験談シリーズ~骨折しました!その2~

こんにちは。さて、落下後の続きです。
以下、骨折の話なので痛いです。

まずズルッと背中から落ちて、一回どっかに落ちて、その後膝から落ちました。
あまりの痛さに気が遠くなりかけたところで名前を呼ばれなんとか声を出そうとするもうめき声しか言えないんですよ。
膝を触ったら駄菓子屋の30円ゼリーを触っているような感触…。

友達やタクシーの運転手さん達に担がれて上にあがったのですが、左足は全く力が入らず足首までブラブラで、ちょっと動かすだけで物凄い痛みが襲ってきます。

そこから乗る予定だったタクシーに乗って病院へ。

普通に家着みたいなのを着ているおばちゃんにレントゲンを撮られ、その結果が
「膝の皿が割れてます。即入院して手術してください」
…無理!!

駄々をこねて簡易キプスを付け、薬と松葉杖だけ購入して無理矢理退院して必死に手続きして帰国→日本で入院となったのでした。

私は外傷もあったので入院後即手術…というわけにいかず、その上粉砕骨折だった為に術後の回復にも時間がかかりました。

立ち上がれるようになっても歩けない。
歩けるようになっても松葉杖がとれない。
松葉杖がとれても膝が曲がらない。

…結局2ヶ月近くの入院生活となりました。

生まれて初めての長期入院。
足以外は健康な大人なので普通に患者である私に請求書が渡されるのですが、
「入院ってこんなにお金かかるの!?」
とビックリしました。日々の入院費に加え手術代、リハビリ代、薬代…明細を見て眩暈が…。

本当に保険に入っていてよかった!!!と思いました。
保険の種類にもよりますが、私が加入していた保険は退院後もある一定の期間までの治療費も保険金が出るものでした、
おかげで今もリハビリに通っていますがその費用も給付されます。

もし保険に入っていなかったら、正月のモチも買えない…とは言いませんが、相当厳しい生活になっていたでしょう。
「私は健康だから」
「入院したことないから」
は、そうなった事がないから言えるのであって、いつどこで誰がそうなるかわからない…というのを痛感しました。
実際私も保険こそ入っていましたが、自分が入院・手術をする日がくるとは思ってもいませんでしたから。

改めて保険の大切さが身にしみてわかったのでした…。

では、次回からは元気に店舗のご紹介blogに戻りたいと思います!

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP