スタッフブログ

保険の豆知識・店舗紹介など、
保険見直し本舗のスタッフがさまざまな情報をお届け!

うまいもんはうまい その2 ~深いコクとやわらかな歯ごたえが絶品!熊の煮物~

皆さんメリークリスマス。デザイン担当のよっしーです。

街はすっかりイルミネーションですね~。

イルミネーションと言えば!

社会人としてアレな私などは、いつも「あれ」を思い出します。

そう、
「イルミーネーションと言えば保険の見直し!」

はい!よくできましたー!

ということで、前回は冬も寒くなってきたからやっぱりあったかいものを~ということで、
「うまいもんはうまい ~その1~」ではナヴェについてお伝えしましたが、今回もテーマは冬。

冬になると、皆さんどのようにお過ごしですか?いや、むしろどのように過ごしたいでしょうか。

私などは、この身を凍てつかせる日々の寒さに対して、
いくら人類と言えど抗うすべは「やっぱり冬眠、だな☆」なんて思うわけです。

いやー、そりゃあそうですよ~だって、ねえ。気温2℃とか3℃って…。

※冷蔵庫:一般的には、0℃以上で水を凍らせない目的で、4~10℃程度で使用される(Wikipediaより)

おいおい、冷蔵庫より低いやないか!w
私、住んでるのは神奈川ですけど、神奈川くらいの緯度だから寒さもこんなもんで済んでるんでしょうけど、北海道や東北のようなもっと寒いところなんかに行ったら、そんなもん強制的に冬眠ですよ、きっと。

とはいえ、お忙しい人類は、
牙も爪も退化し、厚い毛皮も失った挙句、四足歩行に比べ機動性と安定性に劣る二足歩行を得たことで他の生き物に類を見ない英知を得たわけだが、逆に本来備わっていただろう「動物としての強さ」を失ったことは明白、すなわちそれは「動物としての弱さを得ること」のアンチテーゼなのだろうが、その「弱さ」を克服するため…いや、補うため??それとも逃れるためか??
自分の弱さを知りつつそうしているのか、「流れ」という惰性に身をまかせた結果そうなったのか…。

…と、まあ人類は冬でも寝てないで働く生活をしてると思いますが、
やはり山の中の動物、たとえば「熊」さんなんかはやっぱり冬眠しますよね。

冬になるまえに、夏頃から、
山の中をうろついては木の実なんかをいただきながら冬の支度として、さぞ蓄えることでしょう。

親熊が小熊を連れていることもあるでしょうし、
やんちゃな小熊なんかは、ひとりで親の目の届かないところまで遊びに出てしまうこともあるでしょう。

♪そん~なク~マを、鉄砲でうってさ~、煮てさ~、焼いてさ~、食ってさ~

なんてわらべ歌がある(?)ように、やはり危険分子として、ただの肉として狩られてしまった小熊が今日の料理です。

ワインによく合う!
「深いコクとやわらかな歯ごたえが絶品!熊の煮物」

深いコクとやわらかな歯ごたえが絶品!熊の煮物

うまいもんはうまい その1 ~かんたん&安うま・あったか湯豆腐~

こんにちは。デザイン担当のよっしーです。

さて、今日の記事内容ですが…、

「冬と言えば保険の見直し!」

…で書けと言われたんですが…

いや…

それは…まあ…

…いくらなんでもそれはさすがに強引すぎるやろ。。

…ハイ。

…ということで。

やっぱり冬はあったかいもの食べたいです!

そこで、

「やっぱりシンプルが一番!かんたん&安うま・あったか湯豆腐」の致し方をご紹介します。

まず、用意するものはいたってシンプル、それだけ見たら、「なんだ、ふつーじゃん」とか思われるかもしれませんが、ほな、これで食べたことありますか?ないでしょう。まあ、あくまで「よろしければ」ですが、やってみてください。難しい料理だけがうまいわけじゃないんだす!あ、でもおいしくなかったからといってもそれはおくちに合わなかっただけと捉えていただき、激しいクレームなどは勘弁してくださいね。

具材の量などは基本的にはお好みなので、下記の量も実際のところそんなにあてにはしないでください。「書いてあるから…」などといって、ここで紹介されているそのままの量を用意してもおなかが空いているときなどはこれでは足りない場合もあるでしょう。また、小食な人はこれでも多いかもしれません。つらいとき、悲しいとき、また、うれしいときや、ちょっぴり背伸びしたい気分のときなどは決してレシピどおりの量がその人にとっての幸せに直結するとは言い切れません。そんなことがもしあったら、まさに奇跡です。

そのほか、お金もちの人もいるでしょう。お金がなくても幸せでは負けない。という人もいるでしょう。世界を音楽の力で変えられると思っている人もいるだろうし、ポテトチップスとコーラしか食べない人もいると思います。

このように、地球上にはさまざまな人がいて、いくつもの常識やあらゆる価値観、そして気分があります。すべての人々、あるいは生きとし生けるもののすべてが、条件に一様にあてまはるなんてことはないのです。たかが湯豆腐、されど湯豆腐です!…ですので、既成概念の枠にとらわれないように自由に量は調節してください!私はあくまで「目安」をお伝えしたい。入り口までは案内しますが、扉はみずから開けるものです。ぶっちゃけ豆腐とか白菜の量が多くなっても少なくなっても、それほど味に影響はないです。

「わかったから、はよ作り方だせよ」って、そろそろ言われそうですね(汗)
お待たせしました。では、致し方です。

■やっぱりシンプルが一番!かんたん&安うま・あったか湯豆腐

ふく散歩 その1~川崎港町イトーヨーカドー店篇~

みなさんこんにちは!
マーケティング室のふくながです。

 

今日は「川崎港町イトーヨーカドー店」に来ています。
久しぶりに京急「鈴木町駅」に降り立ちましたが、
危なく隣の「港町駅」で下車するところでした…

 

 

 

保険体験談シリーズ~骨折しました!その2~

こんにちは。さて、落下後の続きです。
以下、骨折の話なので痛いです。

まずズルッと背中から落ちて、一回どっかに落ちて、その後膝から落ちました。
あまりの痛さに気が遠くなりかけたところで名前を呼ばれなんとか声を出そうとするもうめき声しか言えないんですよ。
膝を触ったら駄菓子屋の30円ゼリーを触っているような感触…。

友達やタクシーの運転手さん達に担がれて上にあがったのですが、左足は全く力が入らず足首までブラブラで、ちょっと動かすだけで物凄い痛みが襲ってきます。

そこから乗る予定だったタクシーに乗って病院へ。

普通に家着みたいなのを着ているおばちゃんにレントゲンを撮られ、その結果が
「膝の皿が割れてます。即入院して手術してください」
…無理!!

駄々をこねて簡易キプスを付け、薬と松葉杖だけ購入して無理矢理退院して必死に手続きして帰国→日本で入院となったのでした。

私は外傷もあったので入院後即手術…というわけにいかず、その上粉砕骨折だった為に術後の回復にも時間がかかりました。

立ち上がれるようになっても歩けない。
歩けるようになっても松葉杖がとれない。
松葉杖がとれても膝が曲がらない。

…結局2ヶ月近くの入院生活となりました。

生まれて初めての長期入院。
足以外は健康な大人なので普通に患者である私に請求書が渡されるのですが、
「入院ってこんなにお金かかるの!?」
とビックリしました。日々の入院費に加え手術代、リハビリ代、薬代…明細を見て眩暈が…。

保険体験談シリーズ~骨折しました!その1~

大変ご無沙汰しております。保険見直し本舗blog担当の中の人です。

夏休みをいただいて、友人と海外はネパールに行ってきたのですが現地で骨折してしまい長期入院しておりました…。
まずはその経緯などを。

私と友人2人は8時間ほどの距離をバスで移動しておりました。
「『マウンテンロード』は危険だから『レイクサイドロード』で行く方がいい」
というバス会社の人の言いつけを守り、追加料金を払い、レイクサイドロードを選択したのですが…

 

 

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP