CMギャラリー

同窓会篇
30秒ver
絶滅危惧種篇
30秒ver
ギョーザパーティー篇
30秒ver
同窓会篇
15秒ver
絶滅危惧種篇
15秒ver
ギョーザーパーティー篇
15秒ver
次へ

同窓会篇

高校を卒業して十数年が経ったある日、同窓会が開催された。
ガリ勉もワルもスポーツ野郎も鉄ちゃんも、みんなすっかり落ち着いた大人になっている。
ああ、青春は遠い過去になりにけり… そう思った矢先、ひとりの男が現れた。
ヤツは、今も青春、真っ只中のようだ。
大人になるって、どういうことなのか… ここに、その答えがある。

  • 元応援団の団長。ゆえに気合いが入っている。現在は健康食品の営業をしているが、このスタイルを貫いている。成績は126か月連続営業所トップ。

  • 元応援団の団員。応援合戦の際、敵の応援歌の逆位相の声を出して、敵の音を小さくしていたんだぜ、という自慢話はもちろんホラ話。コンサルティング会社経営。

  • 元応援団の団員。応援団きっての知性派。ソリコミを入れたり金髪にすることもなかった。国立大学に進学。現在は医療機器メーカー研究職。

  • 番長の憧れの人。

次へ

絶滅危惧種篇

森に現れたのは生物学の研究チーム。
なんと彼らは、絶滅危惧種と思われていた小さな生き物に
たくさんの仲間がいることを発見したのだ。
これは世紀の発見だ。
これで絶滅危惧種は、絶滅を回避し種を持続的に繁栄させることができる
そう考えたのだが、まさかの衝撃の展開が。

ギョーザパーティー篇

ショッキングな森での出来事から
なんとか立ち直った研究チームと小さな生き物。
変わらず絶滅の危惧のある小さな生き物を励ますために
ギョーザパーティーを開催する。
しかし教授のタレのつけすぎのせいで、いや天真爛漫な研究員のせいで
パーティーは思わぬ展開に。

  • 専門は集団遺伝学。ある日、近所の公園を散歩中に小さな生物と遭遇。保護してコミュニケーションを図り始める。そして小さな生き物には種族がいるとの仮説を立て、フィールドワークを開始する。学会では異端として有名。いとこに気合いの入った番長がいるらしい。

  • 美奈緒さん。もろもろの都合上、彼女だけ名前がついている。専門は発生生物学。おしゃべりで笑い上戸、そして何より同世代の男性研究者をはるかに凌駕する実績を持つ。いとこに気合いの入ったレディース出身がいるらしい。

  • 哺乳類、直立二足歩行、絶滅危惧種。声帯が発達しており、言語は有さないが、キューキューという発声及び、身振りでコミュニケーションを図ることができる。頭のアンテナ状の突起物は、特に機能はない。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!

保険見直し本舗は全国245ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP