保険のはなし

保険に関するさまざまな情報を
保険見直し本舗独自の視点でお伝えいたします。

要介護者等の状況について

さまざまな保険会社から発売されている「介護保険」。加入を検討されている方も、自分とはあまり関係ないと考えている方も、要支援者または要介護者(以下、要介護者等)のいる世帯の状況を確認しておきましょう。

高齢者の要介護者等数は急速に増加

介護保険制度における要介護者等と認定された65歳以上の人は、2009年度末時点で469.6万人となっています。この数値は、65歳以上の人の約16.2%が、何らかの要介護認定を受けていることを示しています。また、65歳以上の要介護者等の数は、2001年度末から2011年度末の10年で、227.3万人も増えています。
なお、2011年度末時点での要介護者等の数は、40歳以上で見ると530.6万人となっています。

第1号被保険者(65歳以上)の要介護度別認定者数の推移
要支援 要支援1 要支援2 経過的要介護 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
2001年度 38.5万人 84.8万人 53.6万人 37.3万人 37.6万人 36.0万人 287.7万人
2002年度 49.3万人 102.2万人 60.5万人 40.8万人 40.5万人 39.0万人 332.4万人
2003年度 58.4万人 119.8万人 56.7万人 46.6万人 45.7万人 43.2万人 370.4万人
2004年度 65.9万人 128.2万人 58.2万人 50.1万人 47.6万人 44.3万人 394.3万人
2005年度 70.6万人 137.4万人 61.6万人 53.1万人 50.4万人 44.5万人 417.5万人
2006年度 51.9万人 49.0万人 4.5万人 86.9万人 71.7万人 62.0万人 52.6万人 46.7万人 425.1万人
2007年度 54.1万人 60.6万人 0.2万人 74.8万人 76.8万人 67.9万人 55.6万人 47.9万人 437.8万人
2008年度 56.2万人 63.9万人 76.4万人 78.7万人 70.9万人 56.9万人 49.4万人 452.4万人
2009年度 59.1万人 63.1万人 82.5万人 81.6万人 68.8万人 60.7万人 53.8万人 469.6万人
2010年度 65.2万人 64.7万人 88.2万人 86.2万人 67.5万人 61.9万人 56.9万人 490.7万人
2011年度 67.8万人 68.8万人 94.0万人 91.4万人 69.8万人 64.6万人 58.5万人 515.0万人

注:2006年4月より介護保険法の改正に伴い、要介護度の区分が変更されている。
※厚生労働省「平成23年度 介護保険事業状況報告(年報)」


介護が必要となったおもな原因

要介護者等の介護が必要になったおもな原因は、「脳血管疾患(脳卒中)」が21.5%と最も多くなっています。特に男性の場合は32.9%と、割合は高い傾向にあります。女性の場合は「認知症」が原因という方が、17.5%と最も多いという結果になっています。

要介護者等の性別に見た介護が必要となったおもな原因
脳血管疾患
(脳卒中)
認知症 高齢による
衰弱
関節疾患 骨折・転倒 心疾患
(心臓病)
その他・不明
不詳
総数 21.5% 15.3% 13.7% 10.9% 10.2% 3.9% 24.5%
男性 32.9% 10.9% 10.5% 4.3% 7.0% 4.5% 29.9%
女性 15.9% 17.5% 15.3% 14.1% 11.7% 3.7% 21.8%

※厚生労働省「国民生活基礎調査」(2010年)


介護や看護のために離職・転職する人が増加

家族の介護や看護をするために離職・転職をする人が、年々増加傾向にあります。家族の介護や看護を理由とした離職・転職者数は、2006年10月から2007年9月の1年間で約14万4,800人となっており、前年から約40,500人増加しています。
なお、家族の介護や看護を理由に離職・転職をしているのは、80%以上が女性となっており、そのうち40代及び50代が60%以上を占めています。


介護・看護を理由に離職・転職した人数


※端数を四捨五入しているため、男女合計と総数が一部一致しません。
※総務省「就業構造基本調査」(2007年)


取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP