保険のはなし

保険に関するさまざまな情報を
保険見直し本舗独自の視点でお伝えいたします。

払込方法と払い方を工夫して保険料を節約

保険料の「払込方法」と「払い方」には、いくつかの選択肢があります。これらを理解して上手に活用することで、保険料を安くすることが可能です。
ただし、一部の保険会社や商品によって、ここで紹介している節約方法を適用できない場合があります。詳しくは保険見直し本舗の相談窓口にお問い合わせください。

保険料を節約できるおもな払込方法と払い方
支払方法 概要
年払 保険料を1年ごとに払込む払込方法です。
半年払 保険料を半年ごとに払込む払込方法です。
一時払 保険加入の際に、全保険期間の保険料を1回で払込む払込方法です。
クレジットカード払い クレジットカードを利用して保険料を支払う払い方です。

※上記の方法は適用できない商品や保険会社がありますのでご注意ください。

貯蓄タイプの保険はまとめて払うのがお得

生命保険の保険料の払込方法には、毎月支払う「月払」のほかに、1年に1度まとめて支払う「年払」や、半年ごとに支払う「半年払」という方法があります。同じ保障なら年払や半年払にするほうが、保険料を安くすることができます。特に貯蓄性の高い個人年金保険や終身保険などは、保険会社によって年払や半年払にすると、将来の返戻率を上げる効果があります。
また、保険加入の際に、全保険期間の保険料を1回で払込む「一時払」をすることで、保険料を節約することも可能です。こちらも、貯蓄性のある商品の場合におすすめです。

払込方法を使い分けよう
新商品が次々発売されるような種類の保険の払込方法は、上記で紹介した払込方法よりも月払のほうが、保障額の調整や見直しがしやすくなるというメリットがあります。保険の種類により、払込方法を使い分けるのも上手な保険選びのポイントです。

クレジットカード払いを活用

保険料の払い方は、銀行口座からの引き落としや団体扱いなどのほかに、クレジットカード払いに対応している場合があります。クレジットカード払いにすると、クレジットカードのポイントが貯まりますので、さまざまな特典を受け取ることが可能です。上手に活用していきましょう。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP