保険のはなし

保険に関するさまざまな情報を
保険見直し本舗独自の視点でお伝えいたします。

子供の学費はどのぐらいかかる?

日本は諸外国と比べても、教育費が非常に高額な国です。特に、高校・大学の進学時には、一般的な家庭でも、収入より支出が多くなるケースが見られます。ですから、子供の将来のための学費は、なるべく早いうちから積み立てておくことが大切です。
ところで、子供ひとりにかかる学費は、いったいどのくらいになるのかご存知ですか?

学費の全国平均

子供ひとりにかかる学費は、幼稚園から高校までは公立、大学は私立の文系というコースの場合、総額は約1,012万円という数値になります。すべて私立だった場合には、約2,256万円です。これらのデータは、学費などの学校納入金のほか、学校給食代、通学交通費や塾代、部活費など課外学習費も含まれています。(ただし、生活費や学校給食費以外の食費は含まれていません)
なお、遠隔地の大学に進学して一人暮らしをする生徒の場合、自宅から通学する生徒との生活費の差額は、年間平均約45万円となっています(独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」)。

幼稚園~高校までにかかる学費(塾代などの課外学習費も含む)
区分 年間学費 総年数 総学費
幼稚園 公立 22万2,264円 2年 44万4,528円
私立 49万8,008円 99万6,016円
小学校 公立 32万1,708円 6年 193万248円
私立 153万5,789円 921万4,734円
中学校 公立 48万1,841円 3年 144万5,523円
私立 133万8,623円 401万5,869円
高等学校
(全日制)
公立 40万9,979円 3年 122万9,937円
私立 99万5,295円 298万5,885円

※文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」

大学(昼間部)の学費(生活費や食費等は除く)
区分 授業料・その他の学校納付金 修学費、課外活動費、通学費 小計(学費) 4年間の総学費
大学
(昼間部)
国立 50万9,400円 13万8,300円 64万7,700円 259万800円
公立 53万6,100円 13万200円 66万6,300円 266万5,200円
私立 120万6,500円 15万5,100円 136万1,600円 544万6,400円
平均 104万4,600円 15万700円 119万5,300円 478万1,200円

※独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」

大学生の半数以上が奨学金を利用

昼間部の大学生のうち、日本学生支援機構や大学等の奨学金を受給している人の割合は51.3%となっています(独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」)。奨学金は、もちろん返済が必要です。この制度により、教育資金が不足する生徒にも進学の門戸が開かれるのはたいへん良いことですが、一方で、子供たちの未来に負担を課すという一面があることも理解しておきましょう。


取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP