保険会社レポート アニコム損保

今回訪問したのは、ペット保険シェアNo.1のアニコム損保。
オフィスのあちこちで動物を発見することができました。

アニコム損保 社内見学

オフィススペース

見通しのいいフロア。社員の皆さんが「いらっしゃいませ」と挨拶してくれる、アットホームな雰囲気です。

会議室

会議室の壁面には、デザイナーのジェームズさんによる手描きのイラストが!クジラを描いているときに絵の具がなくなってしまい、色を調合するのに苦労したのだとか。

コールセンター

コールセンターのスローガンは「常笑志向(じょうしょうしこう)」。お客様から届いた写真や感謝の手紙などが、数多く掲示されていました。

斉藤さん

サイがオフィスで働いている写真を見つけました。本日は出社していないそうですが、斉藤さんという社員のようです(笑)。斉藤さんの詳しい情報はこちら

まだまだいる!動物たち

社内を見渡せば、かわいい動物たちがいっぱい見つかるんです。動物好きな人にはたまりません!

注目ポイント! ペットの写真入り「どうぶつ健康保険証」

アニコム損保のペット保険に加入すると、ペットの写真入り「どうぶつ健康保険証」が受け取れます。
この健康保険証を提携動物病院に提示することで、人間の健康保険証と同様、その場で支払う医療費は保険適用後の金額となります。
あとから保険金を請求する手間が省けるのはうれしいですね。

注目ポイント! グループ横断プロジェクト「PAW」

アニコムグループでは、不幸な動物を生まない社会を目指した「PAW」(Project of Animal Welfare/PAWは動物の肉球という意味)というプロジェクトを行っています。
2013年9月20日~26日の動物愛護週間には、埼玉県と共同で動物愛護を啓発させるリーフレットとノベルティを作成。リーフレットは、飼い主に知ってもらいたい犬や猫にまつわる数字を紹介し、「終生飼養」の大切さを訴えています。

埼玉県×アニコム損保リーフレットとノベルティは、浦和駅前で配布しました。

アニコム損保 社員一問一答 保険会社で働いている人ってどんな人?仕事の話からプライベートの話まで徹底インタビュー!

Q1お仕事の内容は?
アニコム損保は、多くの部門に獣医師の資格を持った人がいるのが特徴です。現在は50人くらいでしょうか。私もそのうちのひとりなのですが、部署異動が多い社風のため、さまざま業務を経験しています。
Q2具体的にされている業務内容は?
今は、おもに「家庭どうぶつ白書」の作成や、ホームページに掲載しているコラムを書いています。デザインチームにも所属していますので、社内外向けのさまざまなツール作成なども行っています。
ほかにもコールセンター業務や、ペットショップに週1、2回ほど訪問して、経験を積んでいます。
Q3「家庭どうぶつ白書」とは?
年間200万件以上の保険金支払い実績がある、アニコム損保独自のデータブックです。ペットの飼育状況をはじめ、病気・ケガの発生状況を分析した疾患統計など、さまざまなペットに関するデータをまとめています。
これらのデータを基に、例えば「フレンチブルドッグは皮膚疾患が多いから気を付けて」など、獣医師は飼い主に根拠をもってアドバイスをすることができるのです。おかげさまで、全国の獣医師から評価をいただいております。
Q4アニコム損保に入社した理由は?
就職活動の際、私は獣医師の仕事をしたいと考えていましたが、獣医の世界だけにとらわれずに広い視点を持ちたいとも思っていました。そんな中、アニコム損保であれば獣医師の資格を活かすことができ、さまざまな人たちと関われると感じ、入社を決めました。
獣医師の資格を持った同級生の中に、保険会社を志望する人はほとんどいませんでしたから、ちょっと異色の存在だったかもしれませんね。
Q5獣医師を目指したきっかけは?
小学生のときに飼育係をやっていて、具合が悪くなったうさぎを、近くの動物病院に連れて行ったことがあったんです。そのとき獣医さんに、「今回はただで診てあげるけど、社会のしくみは違うんだよ」って言われました。そのときから私は、「小学校の動物のお医者さんになりたい!」と思ったんです(笑)。
小さいころから動物と触れ合うことは、子供にとって必ずプラスになります。最近は、鳥インフルエンザなどの問題で学校飼育動物が減っていますが、子供たちと動物の触れ合いの時間が少しでも増えたらと思います。
Q6会社でチャレンジしたいことは?
個人的な夢は小学校の動物のお医者さんですが…(笑)。将来的に獣医師としていろいろなことができるようになるために、動物病院の現場にもっと行ってみたいですね。
会社という組織の一員としては、まだ経験のないITシステムや営業といった部署に行ってみたいです。また、引受けや支払い部門で、保険のコアな部分も学んでいけたらと考えています。
Q7ご自身をどんな性格だと思いますか?
必要以上に気を使うタイプで、言いたいことをちゃんと言えないところがあると思います。あと、地道な作業をコツコツするのが好きです。
Q8マイブームは?
羊毛フェルトで、動物のぬいぐるみを作ることです。獣医師ということもあり、動物の骨格を意識して、結構リアルに作れるんですよ。密かにパンフレットの表紙に載せてもらおうかと思い、たくさん作っています(笑)。
お答えいただいたのは 獣医師 兵藤 未來さん(27歳)
Q9ストレス発散法は?
オーボエを吹くことです。実はオーケストラに所属していて、コンサートで演奏しているのですが、モヤっとしたときはカラオケボックスや自宅で吹いています。
Q10ペットは飼っていますか?
「チベタン・テリア」という犬を飼っています。毛が抜けずに伸び続けるのでトリミングがたいへんですが、靴下を履いているみたいでとってもかわいいんですよ!
Q11好きな食べ物は?
チーズとワインが好きです。会社のある高田馬場は、安くておいしい居酒屋がたくさんあるので、同僚とよく飲みに行っています。
Q12今後の目標は?
日本はペット先進国の欧米より、さまざまなことが遅れていると言われています。確かに、欧米はペットショップで動物を販売することがなく、動物愛護に関する法律が整っているかもしれません。ですが日本でも、動物をとりまく環境をより良いものにしたいという使命感を持って働いている人が、たくさんいるんです。また、日本には動物殺処分などの問題が話題になることもありますが、現場の方々の努力で少しずつ減ってきているのも事実です。
これらのことを正しく理解して、ペット業界の今の姿を皆さんに伝えることができるようになりたいですね。
Q13保険とは?
保険金をもらって、心から喜べる人はいません。なぜなら、保険金をもらうときは、大切な家族の一員であるペットが、病気やケガをしているからです。もちろん、お客様から「ありがとう。助かりました」という言葉をいただけることはありますが、ケガや病気を防げるのであれば、そのほうがいいはずです。
ペット保険はお守りとして考えてもらい、弊社が発信する情報で「ペットが事故に遭わずに済んだ」「病気が予防できた」となってくれればと思います。

注目ポイント! オールバリューチェーン

アニコム損保では「オールバリューチェーン」という考え方を大切にしています。オールバリューチェーンとは、社員一人ひとりが会社全体の一連の業務を理解・遂行することで、高い付加価値が生まれるという考え方のこと。さまざまな業務を経験・深堀りすることで、新しい気付きが生まれ、改善力と業務効率のアップにつながっているそうです。
なお、若手社員は1年に1回以上、部署異動があるとのこと。営業部から、システム部や経理部に異動することもあり、入社4年目までは週に2回コールセンターで業務を行っています。

新入社員研修も、オールバリューチェーンの考えに基づいて進められます。

取材後記

第一印象は、おっとり・ふんわりしたイメージの兵藤さん。しかし、自分が目指す獣医師像やペット業界への想いを話しているときに、芯のしっかりした女性であることがわかりました。
社内の雰囲気は明るく、忙しいときも見渡せばかわいい動物たちが目に入るので癒されそうです。また、アニコム損保の「ペット」と「飼い主」と「保険」をつなぐ考え方と、すべての部署を経験しないと会社全体が見えてこないという考え方に、思わず唸らされました。

お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP