生命保険Q&A

ちょっと聞きにくい生命保険の基本的なことや
保険金に関することなど、さまざまな疑問をまとめました。

医療保険とがん保険は両方必要?

医療保険とがん保険の違いは?そもそも両方必要ですか?
医療保険とがん保険は、それぞれ保障内容が異なります。できれば両方の保障を確保することをおすすめします。

医療保険の保障内容

医療保険は病気やけがで入院した場合、入院日数や手術に対して給付金が出る保険です。
医療保険は、がんで入院や手術をした場合でも給付の対象となります。 しかし、がん治療には高額な治療費が必要となることや、通院が長期間となることがあり、医療保険だけではカバーしきれない場合があります。

がん保険の保障内容

がん保険はがんの保障のみに特化した保険です。
がんの入院や手術に対する給付金以外にも、「診断一時金」などのまとまったお金や、「先進医療」「特定の通院治療」などに対する給付があり、がん治療に関して手厚い保障を確保できるようになっています。 ただし、がん保険は商品によって保障範囲が異なっていますので、加入の際にはよく確認をしましょう。

※先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が 定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)を言います。
具体的な先進医療技術やその適応症(対応となる病気・ケガ・それら症状)及び 実施している医療機関については変更されることがあります。 詳しくは、厚生労働省 のホームページをご確認ください。

加入のポイント

医療保険には多数の特約があり、商品によっては「がん診断一時金」や「先進医療特約」などの保障を付帯できる商品もあります。ただし、がん保険と比べると、保障範囲が限られていたり保障額が低かったりする場合があります。
医療保険とがん保険を選ぶ際には、それぞれの保障範囲をよく確認の上、予算などを含め総合的に判断することがポイントです。

医療保険とがん保険のしくみ

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP