生命保険Q&A

ちょっと聞きにくい生命保険の基本的なことや
保険金に関することなど、さまざまな疑問をまとめました。

正しく告知しないとどうなる?

保険に加入する際、正しく告知をしないとどうなりますか?
生命保険に入るとき、被保険者は現在の健康状態と過去の病歴について、保険会社に知らせなくてはいけません。これを告知義務と言います。
故意に嘘の告知をした場合には、保険金・給付金を受け取れない場合や、契約が解除となる場合があります。

告知義務違反とは

被保険者が、故意または重大な過失によって重要な事実について告知しなかった場合や、事実と違うことを告げていた場合、告知義務違反となります。
告知義務違反は、契約後に保険会社により行われる告知内容の確認や、保険金・給付金請求時に行われる調査で判明する場合があります。

告知義務がある理由

生命保険は、多数の人が保険料を出し合うことで成り立っている制度です。初めから健康状態の良くない人が無条件に契約すると、保険料負担の公平性が保たれなくなっていまいます。そのため、生命保険に加入する際には、現在の健康状態と過去の病歴について、ありのままに事実を報告するよう義務付けられたのです。

告知義務違反をしたらどうなる?

保険会社は告知義務違反を知ったとき、その保険契約を解除することができます。 保険を解除されると、それ以前に保険金・給付金の支払事由が発生していたとしても、基本的に支払われることはありません。
ただし、保険金請求事由と告知義務違反とされる内容に因果関係がないことが証明された場合は、保険金・給付金は支払われます。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP