生命保険Q&A

ちょっと聞きにくい生命保険の基本的なことや
保険金に関することなど、さまざまな疑問をまとめました。

基本編掛け捨てと積立はどっちが得?

掛け捨てタイプの保険と積立タイプの保険はどちらが得ですか?
どちらの商品が損であったり得であったりということはありません。掛け捨てタイプの保険と積立タイプの保険は、目的に応じて使い分けるのがベストです。
双方のメリットを正しく理解して、上手に活用しましょう。

掛け捨て保険の活用法

掛け捨てタイプの保険のメリットは、安い保険料で必要な保障を確保できることです。
なるべく安く保障を確保したいときに、掛け捨て保険を活用しましょう。

こんなときは掛け捨て保険がおすすめ! 掛け捨て保険の注意点
  • 予算が少ないので、なるべく安く必要な保障を確保したい
  • 一家の大黒柱が万一の場合のときなど、大きな保障が必要
  • 医療やがんの保障に関して、一生涯の保障を確保したい(死亡保険には一生涯保障の掛け捨て型商品はありません)
  • 解約返戻金がない、または少ないので、保険料が無駄にならないよう、加入中の社会保険や勤務先の福利厚生制度など、予め保障されているものを差し引いた正しい必要保障額を算出した上で商品を選択する

積立保険の活用法

積立型の保険のメリットは、長期間をかけて確実にお金が貯まることです。

こんなときは積立保険がおすすめ! 積立保険の注意点
  • 長期間をかけて確実にお金を貯めたい
  • 一生涯の死亡保障を確保したい
  • 高額保障が不要
  • 途中で解約すると解約返戻金が支払保険料より少なくなる商品が大多数なので、長期間払い続けられる保険料に設定する
  • 保険料が掛け捨て保険に比べて高く、必要な保障を確保できない場合、万一に備えて掛け捨て保険と組み合わせて活用する

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP