生命保険Q&A

ちょっと聞きにくい生命保険の基本的なことや
保険金に関することなど、さまざまな疑問をまとめました。

複数回の手術

手術を2度に分けて行う場合や、1回の入院で2回の手術行う場合、手術給付金は2回分受け取れますか?
手術を2回に分けて行う場合や、1回の入院で2回の手術行う場合、手術給付金は1回分のみしか受け取れない場合があります。支払規定は保険会社や商品によって異なりますので、詳しくは商品の約款などを見て確認しましょう。不明な場合は、保険会社にお問い合わせください。

複数回の手術に関する事例

複数回の手術に関する手術給付金の支払規定は、各保険会社や商品によって異なるため注意が必要です。この機会に、自分や家族が加入している医療保険の手術給付金のタイプがどれに該当するかご確認ください。具体的には、以下のような事例があります。

手術給付金の支払いタイプと事例
複数回手術時の手術給付金の支払回数 事例
1回分のみ
  • 1回の入院で複数回の手術をした場合、手術給付金額の多いほうの1回分のみが支払らわれる
  • 退院した翌日から180日経過前の再手術は支払われない
一部の手術については60日に1回を限度としている
  • レーザーや冷凍凝固による眼球手術
  • 悪性新生物温熱療法
  • ファイバースコープまたは血管・バスケットカテーテルによる脳・喉頭・胸・腹部臓器手術
  • 衝撃波による体内結石破砕術
  • 新生物根治放射線照射(放射線量の合計が50グレイ以上の照射が手術給付金の対象となります)
同じ日の手術なら1回分のみ、別の日の手術ならば2回分
  • 同日に2回の手術をした場合は1回分のみが支払われるが、別の日に手術した場合は2回分支払われる

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP