生命保険Q&A

ちょっと聞きにくい生命保険の基本的なことや
保険金に関することなど、さまざまな疑問をまとめました。

用語編高度障害

高度障害保険金とは何ですか?また、高度障害はどのような状態ですか?
高度障害保険金とは、責任開始日以後の病気やケガを原因として、各商品の約款で定められている高度障害状態となったときに支払われる保険金です。通常、保険金額は死亡保険金と同額となります。
また、高度障害は以下のような状態が該当します。
【高度障害に該当する状態】両眼の視力を永久に喪失した状態/言語またはそしゃくの機能を永久に喪失した状態/中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する状態/両腕とも手関節以上で失ったか、その運動機能を永久に喪失した状態/両足とも足関節以上で失ったか、その運動機能を永久に喪失した状態/片腕を手関節以上で失い、且つ、片足を足関節以上で失った状態/片腕を手関節以上で失い、且つ、片足の運動機能を永久に喪失した状態/片腕の運動機能を永久に喪失し、且つ、片足を足関節以上で失った状態

高度障害に関する注意点

生命保険商品の約款が定める高度障害状態は、国が定める身体障害者福祉法の「障害等級1級」とは異なります。

高度障害保険金の受取人

高度障害保険金の受取人は、個人契約の場合、一般的に被保険者本人となります。ただし、「指定代理請求制度」により、契約者が予め指定代理請求人を指定しており、被保険者に意思能力がないなど高度障害保険金を請求できない事情があるときは、代理人が請求することができます。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP