保険会社ニュースリリース

各保険会社が発表した、ニュースリリースを紹介します。

2013年12月2日発表

マニュライフ生命CAPSコンテスト 決勝戦開催

北海道、関東、東海、関西、九州の5エリア代表全8チームが、 ぼうし屋の利益を争い熱戦を繰り広げる!
関東地区代表の5、6年生混合のチームCHAMPIONがみごと全国優勝!

公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本主催、マニュライフ生命保険株式会社特別協賛、社会福祉法人中央共同募金会協力による、第8回「マニュライフ生命 CAPS 経営コンテスト2013の決勝戦が、12月1日(日)、マニュライフ生命保険(株)本社(東京都調布市)において開催されました。

今年で8回目の開催を迎える同コンテストは、ジュニア・アチーブメントが小学校高学年から中学生向けに開発した経営シミュレーション・プログラム「CAPS」をコンテスト形式で行うものです。小学4~6年生の子どもたちだけでチームを作り、仮想のぼうし屋さんを経営し、1ぼうしの値段 2仕入れ数 3宣伝広告費 4ぼうしに刺繍を入れるためにレンタルする機械などを決め、累計の売上げ利益で業績を競い合います。

2006年の実施以来、おかげさまで参加者および関係者の方々より高い評価を頂き、北海道、関東、東海、関西、九州の5地域で地区予選を開催いたしました。地区予選では、合計34チーム111名の児童が参加し、それぞれのエリアで好業績をあげた8チーム(1チーム 3~4 名)、計30名の児童が東京での決勝戦に臨みました。

決勝戦は iPad を利用して行われ、全8回におよぶセッションでは子どもたちは柔軟に iPad を使いこなして議論を行い、例年以上にレベルの高い大会になりました。そうした中、関東地区予選から参加で男子3名、女子1名で構成されたチーム(チーム名「CHAMPION」、メンバー構成:5年生3名、6年生1名)が、見事優勝を飾りました。
優勝したCHAMPIONチームは、「優勝が出来ると思っていなかったので嬉しいです。」「在庫を残さないように仕入数やチラシの金額を工夫しました。」とコメントをしています。

コンテスト終了後には表彰式が行われ、マニュライフ生命のギャビン・ロビンソン代表執行役社CEO、浅井鈴美子 執行役兼CMOからの健闘をねぎらう言葉とともに、表彰状が子どもたちに手渡されました。

このプログラムの目的は、チームでの話し合いを通じて、子どもたちに実社会の経済の働きやお金を得ることの難しさ、楽しさを実習する機会を提供するとともに、意思決定力、他人と違う意見を述べる勇気、自分と違う意見に耳を傾ける寛容性、リーダーシップ、チームワークなど、今後生きていく上で必要となる資質の重要性を実感してもらうことにあります。今後も本プログラムの普及促進を図り、児童の社会的自立力の育成に取り組んでまいります。

店舗をさがす

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP