保険会社ニュースリリース

各保険会社が発表した、ニュースリリースを紹介します。

2013年9月6日発表

被災地産J-VERのカーボン・オフセット量が累計10,000t-CO2を達成しました

日本興亜損害保険株式会社(社長:二宮 雅也)は、被災地の早期復興と環境にやさしい地域づくりに貢献することを目的に、被災地の低炭素型復興プロジェクト(注1)などの支援を行っています。
このたび、被災地産オフセット・クレジット(J-VER)(注2)2,000t-CO2のカーボン・オフセット(注3)を実施し、 被災地産J-VERによるオフセット量は、累計10,000t-CO2となりましたので、お知らせします。 引き続き、被災地の早期復興に貢献するとともに、持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

オフセット量10,000トンは、東京ドーム約274個分※のスギ森林が1年間に吸収するCO2に相当します。
(※)1980年生のスギ人工林1ha当たりのCO2吸収量を年間78トンとして試算(出典:林野庁ホームページ)

(注1)「低炭素型復興プロジェクト」とは・・・
被災地における間伐等の森林管理や木質バイオマスの活用等による低炭素社会の実現に貢献するプロジェクト で、被災地の雇用拡大や経済発展に寄与することが期待されます。
(注2)「オフセット・クレジット(J-VER)」とは・・・
国内のプロジェクトによる温室効果ガスの排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジット として環境省が認証するものです。
(注3)「カーボン・オフセット」とは・・・
・日常生活などから排出される温室効果ガスについて、その全部または一部を他の場所で行われた排出削減 プロジェクトなどにより実現された削減量を用いて埋め合わせる(オフセットする)ことです。

ニュースリリースはこちら(PDF)

店舗をさがす

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP