やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

がん保険(がん保険の違い)

がん保険は似ているように見えて、保険会社ごとにしくみに違いがあります。

どこが違うのかをよく理解して選択しましょう。
また、構造的にまったく異なるがん保険もありますので、これについても知っておきましょう。

一般的ながん保険の違い

一般的なしくみのがん保険でも、保険会社によって給付条件が異なり、セットできる特約にも違いがあります。どのがん保険が良い悪いということではなく、それぞれのメリットや特徴をよく理解した上で選択をするようにしましょう。

がん保険のおもな保障内容と商品による違い
保障 保障内容と商品による違い
診断給付金 がんと診断されたときに、一時金としてまとまった金額の給付金を受け取れます。

【商品による違い】

  • 「初回の一度だけ給付」される
  • 「初回」のほか、一定年数経過後(2年、5年など商品により異なります)の「再発時」にも給付される
  • 「初回」のほか、一定年数経過後(2年など)の「再発時」と「継続治療中」でも給付される
がん入院給付金 がん治療のための入院日数に応じて給付金を受け取れます(日数の制限はありません)。
がん手術給付金 がんで手術を受けた場合に給付金を受け取れます。
通院給付金 がんで入院し、退院後に通院した場合、通院日数分の給付金が受け取れます。

【商品による違い】

  • 一定日数以上入院し、がんによる所定の治療により通院をした場合に、通院日数に応じて給付される
  • 入院日数に関係なく、がんによる所定の治療により通院をした場合に、通院日数に応じて給付される(特定治療通院給付金)
先進医療給付金 厚生労働省で定められた「先進医療」を受けた場合に給付金が受け取れます。

【商品による違い】

  • 給付金額は治療法により決まっている
  • 実際にかかった先進医療の技術料と同額を保障する(実損填補)
治療給付金 抗がん剤治療や放射線治療など、保険会社の定める所定の治療を受けた場合に所定の給付金を受け取れます。

※先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)を言います。具体的な先進医療技術やその適応症(対応となる病気・ケガ・それら症状)及び実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

しくみが異なるがん保険

一般的ながん保険と、しくみそのものが異なるがん保険もあります。「実際にかかった治療費用分を保障する」タイプや、まとまったお金を受け取れる「診断給付金だけに特化」した商品などがあります。どの商品にも、それぞれ特徴やメリットがありますので、選ぶ際にはよく理解しておくことが重要です。

実損払い型のがん保険/診断給付金(一時金)のみ支払われるがん保険

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP