やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

学資保険(学資保険の特約)

学資保険は、子供の将来の教育費を積み立てていくことを目的とした主契約部分と、各種特約で構成されています。この学資保険の特約部分について、注意点をまとめました。

払込免除特約

払込免除特約は、契約者(親)が死亡または所定の高度障害状態になったときに、以降の保険料の支払いが免除される特約です。払込みが免除されても、お祝い金は所定の時期に全額受け取ることができます。なお、この特約は学資保険に自動的に付帯されますが、一部、付帯を選択できる商品もあります。
この払込免除特約が、被保険者(子供)ではなく契約者(親)が万一のときのためにあるという点が、学資保険の特徴になっています。そのため、誰を契約者とするか(父親か母親か)という点も、学資保険加入の際の重要なポイントとなるのです。
また、学資保険は、学資一時金、学資年金だけでなく、あくまで保険料を支払う契約者の資産であることにご注意ください。例えば、離婚した際に学資保険の契約者変更が必要となることもあります。こういった点も十分に理解しておきましょう。

育英年金特約

育英年金特約は、契約者(親)が死亡または所定の高度障害状態になったときに、育英年金を所定の期間、毎年受け取れるという特約です。育英年金は、お祝い金とは別に受け取ることができます。学資保険には、この特約が自動的に付帯される商品と、付帯を選択できる商品があります。
なお、育英年金は契約者(親)の死亡保障と同じです。この部分に該当する保険料は掛け捨てとなりますので、学資保険の貯蓄性を下げることになります。もしも、親本人が加入している死亡保険があるなら、あえてつけなくてもいい部分になります。すでにこの特約が付帯されている学資保険に加入している場合は、その分、親の死亡保障を減らすといいでしょう。

医療保険特約

子供が入院や手術をした場合に、入院給付金と手術給付金を受け取ることができる特約です。この特約は、付帯を選択することになります(一部、付帯できない商品や、自動的に付帯される商品もあります)。
この部分に該当する保険料も、学資保険の保険料全体の貯蓄性を下げる要素となりますので、つける・つけないはそれぞれの環境などに応じて判断してください。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP