やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

変額保険

変額保険(※)とは、特別勘定の資産の運用実績に基づき、保険金額や解約返戻金が変動する保険商品のことです。それに対して、死亡保険や個人年金保険は、加入時点で保険金額や満期保険金が確定しているので、変額保険に対して「定額保険」と呼ばれています。

※変額保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

変額保険の種類

変額保険の種類には、「終身型」「有期(養老)型」「年金型」などがあります。一般的に、一時払いでまとまったお金を運用する商品が多く、解約返戻金や満期保険金は運用状況により変動しますが、死亡保障額については保障されています。
注意したいのは、変額保険は運用実績によって大きくお金を増やせる可能性がありますが、そのときどきの株価や運用先の状況によって減ってしまうリスクを伴うということです(ハイリスクハイリターン)。また、お金が必要となったときに、株価下落で返戻金が減少しているということもありますので、加入の際はその点を納得の上で選ぶ必要があります。

変額保険(終身型)
変額保険(有期型)
変額個人年金保険のしくみ

変額保険で負担することになる諸費用

変額保険で払い込んだ保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持、死亡保障などに関わる費用等に充てられ、それらを除いた金額が積立金などで運用されます。また、契約後も定期的に保険契約の締結・維持、死亡保障などに関わる費用等が控除されます。

契約者が負担する変額保険のおもな諸費用
保険契約関係費 ご契約時の初期費用や、保険期間中・年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費。
資産運用関係費 投資信託の信託報酬や信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用。
解約控除 契約日から一定期間内の解約の場合に、積立金から控除される金額(解約時のみ発生します)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。
※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

積立機能のある変額保険(終身型)

変額終身保険は、まとまったお金の運用目的だけでなく、月払いや年払い商品も一部の保険会社で販売されています。死亡保障額は契約時から保障されますが、解約返戻金は運用状況により変動します。また、同じ保障額ならば、定額型の終身保険よりも変額終身保険のほうが、保険料は安くなります。最も安く一生涯の保障を確保できるという特徴がありますので、自分の葬儀代として加入するのにも適しています。

こんな場合におすすめ!

  • まとまった資金を運用したい
  • 自分の葬式費用として一生涯保障を確保したい

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP