やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

こんなときは手続きを

生命保険契約後に発生することがある、各種手続きについてまとめました。特に、引越しで住所が変わった場合や結婚して改姓となった場合は、速やかに変更手続きをしましょう。

また、生命保険は契約者の固有の資産となりますので、こうした各種手続きを行う権利は、基本的に契約者本人にあります。

各種手続きの種類
住所変更 引越しなどで住所が変更したときに行う手続きです。電話やインターネットでも手続きを行える場合があります。
契約者変更 契約者を変えたいときに行う手続きです。元の契約者と新しい契約者双方の、署名・捺印が必要となります。片方の人だけの意思で、契約者を変えることはできません。
改姓・改名 契約者や被保険者、保険金受取人などが改姓・改名をしたときには、手続きが必要となります。手続きには、戸籍謄本が必要な場合があります。
保険金受取人の変更 保険金受取人の変更は、必要書類を提出することで、いつでも変更が可能です。なお、保険金受取人を変更する権限があるのは、契約者本人のみとなります。
保険料の払い方変更 保険料を引き落とす銀行口座の変更や、支払い方法を変えたいときに行う手続きです。
保険証券の再発行 保険証券を紛失した場合は、再発行の手続きをしてください。身分証明書のコピーなどが必要となります。なお、保険証券を紛失しても、保険金や給付金を請求することは可能です。
生命保険料控除証明書の発行 生命保険料控除証明書は、年末調整や確定申告をするときに必要な書類です。月払い契約の場合、10~11月頃に保険会社から郵送されます。年払い・半年払い契約などの場合は、支払い時期によって到着時期が異なる場合があります。なお、電話やインターネットから再発行請求が可能です。
契約者貸付 保険の契約者に対し、所定の範囲内で解約返戻金の貸付けを行う制度です。契約者貸付制度を利用できない保険もあります。
解約・契約内容の変更 解約や減額など、保険内容の変更をする方法は、保険会社によって異なる場合があります。例えば、書類を取り寄せ、郵送で手続きをすることができる場合や、保険会社の窓口に契約者本人が出向いて手続きをする必要がある場合もあります。なお、契約を一度解約すると、元に戻すことはできません。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP