やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

保険料の支払い方

保険料の支払い方には、さまざまな種類があります。自分にとって便利な方法を選びましょう。

保険料の支払い方を選ぶ

保険料は定期的に支払っていくことになりますが、その方法には以下のような種類があります。まとめて保険料を支払う半年払いや年払いには割引きがあり、月払いよりも年払いのほうが、総支払保険料は安くなります。なお、支払い方法を、途中で変更することも可能です。
ただし、年払い契約の保険を1年の途中で解約した場合、残りの月分の保険料が戻ってくるわけではありませんので、解約時期に注意が必要となります。また、年払い契約の死亡保険で、1年の途中で保険金を受け取った場合も、残りの月分の保険料は戻りません(2010年4月2日以降の年払、半年払契約については未経過分の保険料は戻ります)。
こういった点を考慮して、保険の内容に適した支払い方法を選択しましょう。

月払い 毎月保険料を支払う方法です。
半年払い 保険料を6ヵ月ごとに支払う方法。月払いよりも総支払保険料は安くなります。
年払い 保険料を1年ごとに支払う方法。半年払いよりも総支払保険料は安くなります。

覚えておきたい支払い方法

半年払いや年払いのほかにも、保険料の一部(または全部)をまとめて支払うことで、保険料を軽減できる支払い方法があります。これらの支払い方法は、保険商品によって取り扱っていない場合がありますので、保険会社や保険代理店でご確認ください。

頭金制度 保険の一部分だけを一時払いする方法です。毎月の保険料が軽減できます。
ボーナス併用払い ボーナス月(年2回)に保険料を増額して支払う方法です。月払いのみで支払う場合より、毎月の保険料負担が軽減できます。
※保険会社によっては取り扱っていない場合があります。
一時払い 契約時に、保険料払込期間全体の保険料を一括で支払う方法です。
前納 予め何年分かの保険料をまとめて支払う方法です。前納された保険料は、毎年1年分ずつ保険料に充てられ、残りは未経過保険料として保険会社の預かり金になります。保険料の払込全期間分を前納することを「全期前納」といいます。

保険料を支払う手段について

保険料を支払う手段については、以下のような種類があります。これらの手段は、保険商品によって取り扱っていない場合がありますので、保険会社や保険代理店でご確認ください。

口座振替 銀行の預金口座などから保険料が振り替えられます。
クレジットカード払い クレジットカードで保険料を支払います。
※保険会社によっては取り扱っていない場合があります。
団体払い 勤務先などが保険会社と団体契約している場合に利用できます。保険料は、給与から天引きされます。
集金払い 保険会社から訪問してくる集金担当者に、直接保険料を支払います。
※保険会社によって地域が限定されることや、取り扱ってない場合があります。
振込払い 保険会社から送られてくる振込用紙で、保険会社の指定する金融機関に、自分で振込みをします。
店頭払い 保険会社の窓口で直接支払います。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP