やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

高額療養費制度と先進医療

民間の医療保険を考える際に社会保険の中で関係してくる、「健康保険」や「国民健康保険」などの公的医療保険。

基本的に民間の医療保険は、入院や手術に備えるための保障となっています。自分や家族が加入している公的医療保険がどこまでカバーしているのかを知り、その不足部分を補うことが、民間の医療保険選びの基本となります。

入院したときに関係するのは高額療養費制度

公的医療保険を利用すると、医療機関の窓口で支払う治療費の自己負担額が、一般の人で「3割」となります。ほかにも公的医療保険には、「公的医療保険」でも説明をしているように、さまざまな役割があります。その中で、入院や手術の費用の軽減に関係しているのが「高額療養費制度」です。

がんなど特定の病気の治療法である先進医療

先進医療とは、特定の病院(大学病院など)で実施される先端医療のうち、厚生労働大臣の承認を受けたもののことを言います。先進医療にかかる費用は、患者が全額自己負担となります。また、その費用は、医療の種類や病院によって異なります。
高額療養費制度と先進医療については、以下のページで解説していますので参考にしてみてください。

高額療養費制度とは? 高額療養費制度のしくみと概要を紹介します。
高額療養費制度の注意点 高額療養費制度の注意点として、制度の対象となる費用、ならない費用を具体的に紹介します。
入院時にかかる実際の費用 高額療養費制度の対象となる費用、ならない費用それぞれを含めて、実際に入院をしたときにかかる費用の全体像を紹介。
入院時の窓口負担を減らす方法 高額療養費制度には、事前に手続きを行うことで、医療機関の窓口での負担額を最初から減らす方法があります。
先進医療とは? 先進医療の概要を紹介します。

※先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)を言います。具体的な先進医療技術やその適応症(対応となる病気・ケガ・それら症状)及び実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

※掲載内容は、2012年9月現在のものです。社会保険は頻繁に法改正や変更がありますので、内容を保証するものではありません。詳しくは各行政機関(日本年金機構・厚生労働省・お住まいの地域の役場窓口など)にお問い合わせください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP