やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

遺族年金とは?

日本の社会保険制度には、「公的医療保険」「公的年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労災保険」の5つの分野があります。その中で、自分や家族の「死亡保障」を考えるときに関係してくるのが「公的年金制度」です。

国民年金や厚生年金などの公的年金保険に加入している方が亡くなったとき、残された家族には「遺族年金」が支給されます。必要となる「死亡保障額」を算出するには、「総必要保障額」から、自分や家族それぞれが加入している公的年金保険の「遺族年金額」を差し引くことになります。
公的年金というと、老後の生活保障のためというイメージがありますが、一家の主に万一のことがあったときに、残された家族の生活を守る役割もあるのです。

遺族年金額の算出はプロに頼もう

万一のときに、残された家族が受け取る遺族年金がどのぐらいになるかは、「公的年金の種類」や「亡くなった人が誰か」「受け取るのは誰か」「18歳以下の子供はいるか」といった要件により差が生じます。また、遺族年金が受け取れない(受給資格がない、または支給停止要件に該当する)場合もあります。
この遺族年金を各要件に照らし合わせて計算することはもちろん可能ですが、複雑な各種要件を理解するのはたいへんな作業となります。保険ショップの窓口では、専用のシステムで一気に算出してもらうことができますので、気になる方は利用してみるといいでしょう。

遺族年金のしくみを理解しよう

遺族年金について何も知らないまま保険ショップに相談に行くよりも、ある程度理解しておいたほうが、話は早くなります。下記のページで、遺族年金のしくみや受給要件の概要を解説していますので参考にしてみてください。

国民年金と厚生年金はこれだけ違う 遺族年金の種類と、それぞれの受給資格要件について説明します。
遺族年金はいくら受け取れる? 実際に受け取れる遺族年金を、事例を交えてわかりやすく紹介します。

※掲載内容は、2014年10月現在のものです。社会保険は頻繁に法改正や変更がありますので、内容を保証するものではありません。詳しくは各行政機関(日本年金機構・厚生労働省・お住まいの地域の役場窓口など)にお問い合わせください。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP