やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

生命保険の構造を理解しよう

生命保険商品がどのようなしくみでできているのか、その基本を押さえておきましょう。

生命保険商品は主契約と特約でできている

生命保険は「主契約」と呼ばれる本体部分に、「特約」をプラスすることができます。ただし、保険商品によっては主契約部分が小さく、特約のほうがまるで主契約ではないかと思えるぐらい、商品の大半を占めている場合もあります。ですから、主契約名だけを聞いて商品内容を理解しようとすると、大きな間違いとなることもあるのです。
こういった点が、生命保険をわかりにくくしている要因のひとつです。特約がたくさんついている商品は、ひとつの契約でさまざまな保障を確保できるメリットがありますが、商品の内容を理解しにくいという点があることを知っておきましょう。

主契約と特約を選ぶ際の注意点

特約は、途中で追加したり(特約中途付加)、外したり(解約)することが可能ですが、主契約だけを解約して特約を残すことはできません。例えば、主契約が死亡保険で特約に医療保障をつけていた場合は、「医療保障だけを残す」という選択はできないのです。
生命保険を選ぶ際には、どの保障を主契約として、どの保障を特約とするのかを、よく考えることが大切です。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP