やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

保険をまとめるか分散するか

生命保険に加入する際に迷ってしまうのが、さまざまな必要保障をひとつの契約でまとめるのか、一つひとつバラバラに契約するのかという点。いったい、どちらの加入方法がいいのでしょうか?

どちらもメリット・デメリットがある

保険契約をまとめるか分散するか、どちらの方法を選んだ場合でも、それぞれにメリット・デメリットがあります。
まとめる場合のメリットは「一回の契約で済む」「管理しやすい」といったものがあり、デメリットには「商品内容が複雑化するため、わかりにくい」「保険料が高くなる傾向がある」といったものがあります。
一方、分散して加入する場合のメリットは、「目的ごとに最適な商品を選びやすい」「内容がわかりやすい」、デメリットには「管理しにくい」「多数回の契約が必要」といったものがあります。

分散加入のデメリットをなくす方法

保険に分散して加入する際は、死亡保険や医療保険など、それぞれ商品を見比べたり、何度も契約を交わすことになります。実は、このわずらわしさを解決する方法があるのです。
それは、複数の保険会社の商品をまとめて取り扱う、保険ショップの窓口に相談をするというもの。保険見直し本舗では、複数の保険に分散して加入しても、お客様に代わって保険会社とやり取りをし、保険の契約までしっかりサポートいたします。また、加入後の管理についても、同じ窓口に相談や確認を取ることができますし、その後の各種手続きや万一の保険金請求も、ひとつの窓口に任せることができて便利です。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP