やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

20代保険選びのポイント

若くて元気な現在の自分がいつまでも続くような感覚を持ったり、将来よりも今を充実して生きることに興味が強い20代。将来の不安や万一に備える保険の必要性を軽視する部分もあるかもしれません。しかし、自分が万一のときに、周りの人にかける迷惑を最小限に留める準備をすることは、社会人としての責任でもあります。

また、この世代は交通事故やケガによる入院や死亡が心配です。アクティブな世代だからこその備えを確保しておきましょう。保険は若い人ほど保険料が安いので、早めに保障を確保しておくこともポイントとなります。
なお、20代は社会人になったり、人によっては結婚や出産などを経験しますが、それぞれのライフスタイルによって必要な保障も異なることになります。

20代独身の保険選び

今後のライフスタイルがどう変化するかまだわからないという人は、近い将来、結婚や出産を機に保障をアップする必要があることを視野に入れて、保険選びをすることがポイントになります。先々、追加や変更がしやすい保険を中心に、「定期保険」や「医療保険」など、無理のない予算内で当面必要な小型の保障を割安で用意することをおすすめします。
女性は結婚や出産に備えて、女性向けの医療保険を早めに確保しておきましょう。

20代夫婦の保険選び

結婚された方の中でも、出産は先のこととして、ふたりの生活を安定させることからスタートされる夫婦も多い時代です。そんな夫婦は、万一のときに相手に迷惑がかからない程度の備えをしておきましょう。数万円程度の中型の定期保険と医療保険を中心とした商品選びが無難です。
妊娠・出産を考えている女性は、できるだけ早いうちに女性疾病に備えた医療保障を確保しましょう。妊娠してからでは、女性疾病向けの医療保険に入れないことがあります。

20代ファミリーの保険選び

子供が生まれた家族の場合は、年齢は若くても重い責任がある立場となります。自分が万一のときに発生する家族への影響を最重要視して保障を選びましょう。特に、一家の大黒柱の立場の人は、子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となります。
子供の教育資金については、高校・大学の進学時期に、多くの人が収入よりも支出が上回る状況になります。その時期になって、子供の将来の夢や選択肢が狭まらないよう、早いうちから計画的に資金を積み立てていく必要があります。
年齢が若い分、保険料が安いという利点もありますので、「収入保障保険」や「定期保険」を活用して、上手に高額保障を確保しましょう。

世代別・保険選びのポイント

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP