保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

lesson1
保険見直しの注意点

生命保険を見直すには、まず現在加入中の保険の内容を再確認することが必要です。ご家族が加入している保険証券をすべてそろえて、内容をチェックすることから始めましょう。

lesson2
生命保険の見直し方法

生命保険の見直し方法には、現在の契約を解約して新たな保険に加入し直すという方法だけではありません。より良い方法を上手に組み合わせて、保険を選ぶことが大切です。

lesson3
ライフシーン別・保険見直し事例

― 見直しのタイミング[1]―
結婚したら

結婚後、もしものことが起こったら、残された家族の生活を守る責任は、夫・妻、両方にあります。

― 見直しのタイミング[2]―
妊娠・出産したら

妊娠・出産は、保障を見直す大事な時期となります。大切な子供の未来を守るためにも、今一度自分自身の保険を見直しましょう。

― 見直しのタイミング[3]―
マイホームを購入したら

マイホームを購入したら、住宅ローン返済や固定資産税の納税のほか、住宅のメンテナンス費用などに備えて家計の見直しが必要です。

― 見直しのタイミング[4]―
子供が独立したら

子供が社会人になったら、「自分自身や夫婦ふたりが、安心して心豊かな生活をするために」という観点で保険の見直しをするといいでしょう。

― 見直しのタイミング[5]―
独立・開業したら

会社員が独立や開業をして個人事業主になった場合、もしものときに受けられる公的保障の内容も、大幅に変わります。

― 見直しのタイミング[6]―
シニア世代になったら

シニア世代の保険は、「安心して第二の人生を送れるように」という目的で見直すことが大切です。

― 見直しのタイミング[7]―
定年したら

定年退職するころには、住宅ローンが終了していたり子供が独立しているなど、自分が死亡したときの家族への必要保障額は少なくなります。

― 見直しのタイミング[8]―
家を売却したら

さまざまな事情により家を売却することになった場合は、環境がどのように変わるかによって、保険の見直し方にも違いが出てきます。

― 見直しのタイミング[9]―
離婚してシングルマザーになったら

現代は、多くの人が離婚する時代です。小さな子供をかかえてシングルマザーになった人にとっては、生活費の確保が最大の不安要素となります。

― 見直しのタイミング[10]―
契約更新の時期がきたら

定期付終身保険やアカウント型保険などの「更新型」保険商品は、更新時の年齢に応じた保険料で、新たな保険契約をスタートさせることになります。

― 見直しのタイミング[11]―
収入が減少したら

家計に変化があり収入が減少したときは、家計全体の収支状況から、どのぐらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険のスリム化を図りましょう。

― 見直しのタイミング[12]―
今の保険に不安を感じたら

現在加入している保険の内容が、自分や家族に本当に合っているものなのか?そんな漠然とした不安をかかえている人も、少なくないのではないでしょうか。

― 見直しのタイミング[13]―
保険料を抑えたいと思ったら

保険料を抑えたいと思ったら、家計全体の収支状況から、どのくらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険の思い切ったスリム化を図りましょう。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国225ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP