保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

妊娠・出産したら(妻の場合)

愛する我が子との対面は、女性にとってこの上ない幸福です。大切な子供の未来を守るためにも、今一度自分自身の保険を見直してみましょう。

ただし、保険商品によっては妊娠中や出産直後は加入できないものもあります。そのため、「保険は妊娠するまえに準備しておくのが理想的」ということを覚えておいてください。

母親になったら死亡保障を考えよう

特に子供が小さいうちは、妻に万一のことがあったとき、夫が子育てのために転職や退職をしたという事例もあります。子供が自分自身の身の回りのことができる年齢になるまでは、妻にもある程度の死亡保障を確保しておくことが大切です。
実際、自分に万一のことがあった場合に、誰がどのように子供の世話をするのかがポイントになります。例えば、実家や近所の人に子育ての協力を得られる環境にある場合と、夫ひとりだけで子育てをしなければならず、引越しやベビーシッターを雇うなどの出費がかかる場合では、必要保障額にも違いが生じます。このようなことをしっかりと考慮した上で、自分に必要な保障を確保するようにしましょう。

女性のための医療保障の確保を

女性は年齢が上がるほど、女性特有の疾患にかかる確率が上がります。日頃から生活習慣病の予防や健康的な生活を心掛けると同時に、年齢に応じて女性特有の疾患をカバーする医療保険やがん保険の内容を充実させましょう。

年代別 乳がん症例数
AFH283-2014-0016 10月20日(161020)

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国229ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP