保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

収入が減少したら

家計に変化があり収入が減少したときは、家計全体の収支状況から、どのぐらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険の思い切ったスリム化を図りましょう。

まずは必要保障額を正しく算出する

まずは現状の収入や加入している公的保険の内容などを確認して、必要保障額を正しく算出し直すことが必要です。保険加入した時期に比べて、子供の成長などに伴い必要保障額が下がっている場合もありますので、その分を減らすことで解決できる場合があります。
必要保障額を算出して保障を削減しても、まだ予算オーバーという場合は、「解約」のほか「減額」や支払いを終了させても保障を残せる「払済保険」「延長保険」にするという方法もあります。

専門家に相談をする

必要保障額の算出は、専門家に相談するのもひとつの手です。また、保険見直しのプランはひとつとは限りません。いくつかのプランの中から最適なものを見つけるには、専門家の意見を聞くのが一番の近道です。

保障を安くしたい・保障を減らしたいとき
解約→新契約加入 既存の契約を解約して、保険料の安い新しい保険に加入し直す
特約解約 現在の契約の特約など、不要な部分を一部解約する
減額 現在の保障を小さくする
保険料の支払いをやめたいとき
解約 現在の契約を解約する
払済保険 支払いを中止し、同じ保険期間で保障を小さくする
現在加入している死亡保険の、その時点の解約返戻金を一時払い保険料に充当し、既存の契約と「同じ保険期間」のまま「同じ種類」(例:終身→終身)の、保障の小さい保険に変更する。これにより、以降の保険料を支払う必要はなくなり、死亡保険金などの保険金額が減り、特約部分の保障は消滅となります。
払済後の保険料は、契約当時の料率で計算されますので、予定利率が高い時期に加入していた人にとっては、解約して新規に加入するより有利な場合が多い。
延長保険 支払いを中止し、同じ保障額で保険期間を短くする
現在加入している死亡保険の、その時点の解約返戻金を一時払い保険料に充当し、既存の契約と「同じ死亡保障額」の「定期保険」に変更する。これにより、以降の保険料を支払う必要はなくなり、死亡保障額はそのままだが、特約部分は消滅します。
充当する時点の解約返戻金額によって保険期間が異なり、通常、元の保険の保障期間より短くなります。充当金が多い場合は、元の保険の払込満了期間を経過すると保障は終了し、余ったお金は満期金として支払われます。

【注意】

保険会社や保険商品によって行える方法は異なります。詳しくは保険会社、または弊社窓口までお問い合わせください。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国225ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(25社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP