保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

家を売却したら

さまざまな事情により家を売却することになった場合は、保険を見直す必要があります。自宅の売却後、環境がどのように変わるかによって、保険の見直し方にも違いが出てきます。

ここでは、家を売却する際の一般的な例を紹介しますので、参考にしてみてください。いずれの場合も、まずは専門家に相談して、自分に最適な保険に見直しましょう。

住宅ローンの支払いが困難で家を売却した場合

住宅ローンの支払いが困難となり家を手放すことになった場合、これまで住宅ローンに付帯されていた団体信用生命保険がなくなりますので、その分の死亡保障の上乗せの検討が必要な場合があります。また、家の売却額が住宅ローンと相殺にならなかった場合は、家計とのバランスをさらに考慮して保険を選ぶ必要があります。
家計全体の予算を考慮して、保険料の比較的安い「収入保障保険」や「定期保険」を検討しましょう。

新居を購入するために住宅ローンが残っている家を売却した場合

新居を購入して住宅ローンを借り換える場合、引き続き住宅ローンに付帯されている団体信用保険を利用できますので、必要保障はこれまでと大きく変化しないことになります。ただし、現在の保険加入から5年程度以上経過をしている場合は、子供の成長などに伴い必要保障額が下がっている場合があります。
この機会に、現在の保障内容が自分に合っているか確認してみましょう。

家を売却して賃貸住宅に住む場合

これまで住宅ローンに付帯されていた団体信用生命保険がなくなりますので、その分の死亡保障の上乗せの検討が必要な場合があります。
家計全体の予算を考慮して、保険料の比較的安い「収入保障保険」や「定期保険」を検討しましょう。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国229ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP