1月31日「生命保険の日」にちなむ保険加入の実態調査

契約実績80万件以上

【調査対象と回収サンプル数】20-29歳(男女各200)30-39歳(男女各200)40-49歳(男女各200)50-59歳(男女各200)60-69歳(男女各200)計2000人
【調査地域】全国 【調査方法】インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)【調査期間】2016年1月9日(土)~2016年1月11日(月・祝)

  • 毎月の平均保険料は?
  • 保険の加入経路は?
  • 保険の加入目的は?
  • 教育資金のための資金は?
  • 保険の不安や不満は?
  • 保険を見直した経験は?

2016年1月 保険見直し本舗調べ HMH000-20160812-1193

毎月の平均保険料は?

毎月の平均保険料は1世帯32,701円 2世帯に1世帯以上が3種類以上の保険に加入

加入している保険で多いのは、入院した時の保険や死亡保障にという回答が多い結果になりました。
2世帯に1世帯以上は3種類以上の保険に加入しており、6種類という回答も10%に。

Q01.現在あなたが世帯で加入している保険の種類は何ですか?

  • 入院したときのための保険77.0%
  • 万が一のための保険(死亡保障)73.6%
  • 損害への備え(家・自動車、他)50.6%
▼ さらに詳しく
  • 働けなくなったときのための保険(収入保障)29.7%
  • 貯蓄のための保険(強制的に貯められる)22.7%
  • 老後の資金(年金)のための保険19.0%
  • 子どもの教育資金のための保険8.7%
  • 投資のため(利殖目的)の保険2.9%
  • その他2.0%
  • 相続のための保険1.9%

Q02.世帯で支払っている保険費用はどれくらいですか?

  • 平均32,701
  • 最少100
  • 最大700,000

Q03.現在あなたは世帯で何種類の保険に加入していますか?

  • 3種類25.0%
▼ さらに詳しく
  • 2種類17.2%
  • 4種類14.6%
  • 1種類12.7%
  • 5種類12.2%
  • 6種類10.5%

保険の加入経路は「保険代理店の窓口や営業職員」 一方で友達や親族経由の「義理保険」も15%も

3人に1人は保険代理店で加入をしていることがわかり、代理店が加入しやすい場所になっていることがわかります。
一方で友人や親族経由で保険に加入している「義理保険」の割合も少なくありません。

Q04.保険の加入の主な経路は何ですか?

  • 保険代理店の窓口や営業職員31.9%
  • 知人を除く保険会社の営業職員17.9%
▼ さらに詳しく
  • その他8.7%
  • 保険会社で働いている友達8.5%
  • インターネット7.9%
  • 保険会社で働いている親族6.9%
  • 来店型保険ショップの窓口4.7%
  • 銀行・証券会社の窓口4.1%
  • ファイナンシャルプランナー4.1%
  • テレビ・新聞・ラジオの通信販売2.1%

保険の目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」 特に「入院したときのため」は8割以上が回答

保険に加入している目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」がトップ。
特にほとんどの世帯で医療保険に加入していることがわかりました。

Q05.あなたが保険に加入している主な理由は何ですか?

  • 入院したときのため82.6%
  • 万が一のため(死亡保障)54.8%
  • 損害への備え(家・自動車、他)48.3%
▼ さらに詳しく
  • 老後の資金(年金)25.7%
  • 貯蓄(強制的に貯められる)21.6%
  • 子どもの教育資金18.1%
  • 働けなくなったときのため(収入保障)10.3%
  • その他2.4%
  • 投資のため2.2%
  • 相続のため1.7%

教育資金のための保険は子どもが0歳での加入がおよそ70% 一方で返戻率の恩恵が少ない2歳以降が15%も

7割以上が0歳以前に加入しており、定期預金より高い利率や保障内容などにメリットを感じているようです。
一方で返戻率の恩恵が少ない2歳以降も少なくなく、ライフスタイルの変化時に加入できていない実態も。

Q06.子どもの教育資金のための保険はいつ頃加入しましたか?

  • 子どもが0歳68.4%
▼ さらに詳しく
  • 子どもが2歳以降14.4%
  • 子どもが1歳8.8%
  • 妊娠中5.5%
  • 妊娠前2.7%

Q07.教育資金の準備に保険を利用した主な理由は何ですか?

  • 定期預金の利率より返戻率が高い34.3%
  • 親に万一があった際(死亡保障)31.0%
▼ さらに詳しく
  • 自動的に引き落としされて確実に貯められる25.7%
  • みんなが入っている4.7%
  • その他4.1%

およそ半数が保険に対し不安や不満を持ち、内容は「保険料の負担」「保障内容の不明確さ」がトップ 満期前の解約も35% 理由は「保険料の負担」「他社への乗換」等

半数の方が保険に関して不満や不安を感じているという結果に。
保険料の負担により満期前に解約するケースも多く見られ、加入時の予見通りにはいかない事情がうかがえます。

Q08.現在あなたは保険に関する不安や不満はありますか?

  • ある47.2%
▼ さらに詳しく
  • ある15.0%
  • ややある32.2%
  • あまりない33.0%
  • ない19.8%

Q09.前問で「ある」と答えた方、不安や不満を教えてください。

  • 保険料の負担が大きい64.7%
  • 保障内容がわかりづらい38.3%
▼ さらに詳しく
  • 自分に必要な保険がわからない27.1%
  • 保険選びがめんどうくさい23.1%
  • 損するのではないかと不安19.4%
  • もしものときに支払われるか不安18.3%
  • 類似商品の違いがわからない17.7%
  • 加入条件が複雑11.0%
  • どこで加入すればいいかわからない3.3%
  • その他2.2%

Q10.あなたは保険が満期になる前に解約した経験はありますか?

  • ある35.6%

Q11.前問で「ある」と答えた方、解約した理由を教えてください。

  • 他にいい商品がみつかった47.5%
  • 保険料の負担を感じた42.2%
▼ さらに詳しく
  • 担当者が辞めた・変わった10.5%
  • その他(解約返戻金が必要になった)9.4%
  • 生活費(解約返戻金が必要になった)7.3%
  • 住宅購入(解約返戻金が必要になった)4.1%
  • 教育資金(解約返戻金が必要になった)3.2%
  • 車購入(解約返戻金が必要になった)2.1%
  • 改築(解約返戻金が必要になった)1.3%

Q12.現在ご加入中の保険について保険料は適切だと思いますか?

  • 適切だと思う67.6%
▼ さらに詳しく
  • とても思う8.5%
  • まあまあ思う59.1%
  • あまり思わない26.7%
  • まったく思わない5.8%

保険見直しは60%が経験 「保険料の負担」を感じるケースが多い一方、家族構成の変化がきっかけも

6割以上の方が見直したことがあると回答しており、理由の半数が保険料に負担を感じてということが分かりました。

Q13.あなたはこれまでに保険の見直しをしたことはありますか?

  • 見直したことがある60.6%

Q14.前問で「ある」と答えた方、見直した理由を教えてください。

  • 保険料の負担を感じた43.3%
  • 保障を手厚くしたかった28.0%
  • 家族構成が変わった26.3%
▼ さらに詳しく
  • 収入に変化があった15.7%
  • 保障が不要になった12.2%
  • その他6.0%

調査結果

多くの世帯が複数の保険に加入しており、その額は月平均32,701円と手厚く加入している実態がうかがえました。しかしライフスタイルが変化する結婚や出産のタイミングでは「加入していない」を選ぶ割合も多く、家族構成の変化という保険加入・見直しの「ベストタイミング」に適切な保険選びができていない可能性も。

今回の調査では「保険料の負担が大きい」ため解約したという回答も見られ、保険の見直しや乗り換えが広まりつつある一方で、不必要に加入していたり、お金がないから保険料を減らしたりと、まだまだ保険との上手な付き合い方が浸透していない状況もうかがえました。気になる方は、自分の収入や職業・家族構成によって受けられる公的支援を確認し、不足分を民間の保険で補えるよう、あらためて保険の見直しを検討してみてもいいかもしれません。

お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP