MENU
PC版

無料相談予約お問い合わせは今すぐ!

予約フォームから無料相談予約

お盆期間中の営業時間変更のお知らせ

妊娠・出産したら
(妻の場合)

愛する我が子との対面は、女性にとってこの上ない幸福です。大切な子供の未来を守るためにも、今一度自分自身の生命保険を見直してみましょう。保険商品によっては妊娠中や出産直後は加入できないものもありますので、生命保険は妊娠する前に準備しておくのが理想的です。

死亡保障を考えよう

特に子供が小さいうちは、妻に万一のことがあったとき、夫が子育てのために転職や退職をしたという事例もあります。子供が自分自身の身の回りのことができる年齢になるまでは、妻にもある程度の死亡保障を確保しておくことが大切です。

自分に万一のことがあった場合
実際、自分に万一のことがあった場合に、誰がどのように子供の世話をするのかがポイントになります。例えば、実家や近所の人に子育ての協力を得られる環境にある場合と、夫ひとりだけで子育てをしなければならず、引越しやベビーシッターを雇うなどの出費がかかる場合では、必要保障額にも違いが生じます。このようなことをしっかりと考慮した上で、自分に必要な保障を確保するようにしましょう。

女性のための
医療保障の確保

女性は年齢が上がるほど、女性特有の疾患にかかる確率が上がります。日頃から生活習慣病の予防や健康的な生活を心掛けると同時に、年齢に応じて女性特有の疾患をカバーする医療保険やがん保険の内容を充実させましょう。

妊娠・出産したら
(夫の場合)

妻が妊娠・出産をしたら、夫は自分の保障を見直す大事な時期となります。子供が成人するまでの生活費や教育費はもちろん、共働きの夫婦の場合でも、子供が小さいうちは妻は仕事に制限が出る可能性がありますので、妻の生活保障も含めた保障を確保する必要があります。

必要保障額を算出しよう

自分に万一のことがあっても、子供が18歳になるまでは公的な保障「遺族年金」が給付されます。遺族年金は、加入中の公的年金の種類によって受け取る内容が異なってきます。

正しい必要保障額の算出方法
このような、加入中の社会保険に応じた公的保障分や配偶者の将来の収入予定などの要素を差し引いて、正しい必要保障額を算出し無駄のない保障を確保しましょう。

高額保障は定期保険や
収入保障保険で準備

一家の大黒柱にとって、子供が小さいうちは人生の中で最も高額な保障を必要とする時期となります。こういった時期は、保険料が安い掛け捨ての保険商品を利用することで、効率良く必要保障額を備えることができます。「定期保険」などがこれにあたります。

さらに予算が取れるようなら
こうした家族のための保障の確保に加えて、貯蓄性のある一生涯保障の「終身保険」なども併せて検討されるといいでしょう。このように、死亡保障は「家族のためのもの」と「自分の老後のためのもの」を分けて準備することで、より効率が良くなります。

無料相談予約お問い合わせは今すぐ!

予約フォームから無料相談予約

保険の無料相談予約は随時受付中!