※全ての生命保険が値上がりするということではありません

標準利率改定により2017年4月以降、保険料値上げ

標準利率改定

現在の1%から2017年4月以降0.25%へ。史上最低水準。

私たちが支払う保険料の一部は、将来の保険金支払いに充てるため、生命保険会社は積立を行っています。生命保険会社はその積立てた保険料を契約者にとって有利になるように運用し、保険金の支払いに備えています。
この運用にあたって、金融庁は「標準利率」というものを定めており、生命保険会社はこの標準利率をもとに、運用で見込める利回りとして「予定利率」を各社で定めています。この予定利率が高ければ保険料は安く、予定利率が低ければ保険料は高くなるというわけです。金融庁が定める標準利率は現在1%ですが、2017年4月に0.25%に引き下げられます。これには日本銀行のマイナス金利政策による市場金利の低下が影響しており、0.25%というのは史上最低の水準です。

保険会社が支払える保険金等

現在100%から2017年4月以降?%へ。

運用で見込んでいた利回り。このままだといずれ支払う可能性のある保険金のプール(責任準備金)が足りなくなる。
足りない分を補てんする為、保険料を引上げ。

保険会社は運用利回りで資金積立をして保険金の支払いに備えます。保険料は「予定利率・予定死亡率・予定事業比率」をもとに計算されており、標準利率が下がると運用利回り計算に使う予定利率を下げることもありますが、それでも保険会社は一定の資金積立を確保し続けねばなりません。
その結果「保険料を上げる」または「販売を停止する」という対応を取らざるを得なくなります。特に影響が大きいのが、終身保険や養老保険、個人年金保険等の貯蓄性の高い商品で、保険料の値上げ傾向が強く出る可能性があります。

4月の保険料値上げまでに
何をすれば良いのか?

貯蓄性の高い商品は、月々の保険料は高いですが、意識せず長期的にお金を積み立てることができます。平均寿命の延伸からも、老後の人生をよりよく歩むための資金を自助努力で用意しておくことが良い時代となりつつあります。
今回の標準利率の改定は、少し長期的な目線で、年金や自分自身の老後の資金のことについて考えてみる良い機会と言えるでしょう。

駆け込み需要発生!ご相談はお早めに!

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国239ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

無料相談予約をする
フリーダイヤルからの相談予約・問い合わせ

募集代理店 保険見直し本舗

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー6F
TEL:0120-33-0526  FAX:03-3461-3708  HMH000-20170209-1772

Copyright© Hoken Minaoshi Honpo Co.,Ltd. All rights reserved.
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP