保険や生活に関するヒントが満載!

その道のプロに聞く

保険業界に少なからず関連している業界のプロに、その業界だからこそ見えてくる貴重な話を伺ってきました。

「子供ができてもお出掛けを楽しみたい」という想いが原点

「東京こども星★レストラン」運営 今西 敦子(35歳)

子供連れで行けるおしゃれな都心の店に絞ったレストラン情報サイトを運営する、2人のお子さんのママ。現在はレストランの紹介だけでなく、ママのライフスタイル全般を応援する情報の紹介や、企業と組んで大規模なイベントを行うなど、活動の場を広げている。

「東京こども星★レストラン」運営 今西 敦子(35歳)

1 子連れママだからって限られた場所にしか行けないのは不健全

「東京こども星★レストラン」は、どのようなサイトですか?
今西敦子(以下、今西)簡単に言うと、「赤ちゃんや子供といっしょにレストランで食事がしたい」というママのために、子連れランチやカフェができるお店を探せるサイトです。
2009年に息子を出産したあと、2010年秋にサイトの運営をスタートしました。
名前がかわいいですよね。
今西ありがとうございます(笑)。「東京こども星★レストラン」の★も、名付けるときのポイントでした。
キッズメニュー、授乳室、子供用イスの有無といった項目を確認できるのは便利ですよね。
今西事前に「子連れウェルカム」ということがわかっていたら、ママの気持ちは随分楽になるんです。このサイトを使ってもらうことで、ママのお出掛けを応援できるのであれば、私にとってもハッピーです。
サイトに掲載されているお店は、どのように選定されているのですか?
今西「東京こども星★レストラン」は、親子カフェではなく、一般の飲食店の中で、子連れで行ける素敵なお店を紹介しています。サイトを始めたころは、「子連れウェルカム」というイメージは好感度が高く、集客にもつながるだろうから、掲載依頼がたくさん来ると思っていました。しかし、私が掲載したいお店は、基本的に大人としても居心地の良いお店なので、「子供連れのお客さんが一気に来られたら困る」といった理由で、断られることも多々ありました。
最近では、店長がほかのお店を紹介してくれることや、認知度が上がってきたおかげで、お店側から掲載依頼が来ることも増えてきました。また、「子供連れママに気持ちよく来てもらうには何をしたらいいか?」など、逆にお店側から相談を受けることもあります。
ママになっても大人向けのお店には行きたいですよね。
今西子育てをしているからといって、限られたお店にしか行けないのは不健全だと思うんです。一般のレストランに来ている人って、ひとりはもちろん、カップルであったり、友達同士であったり…。また、食事をしている時間以外は、みんなバラバラのお仕事をされていますよね。また、お店のスタッフをはじめ、サラリーマンや学生、キャリアウーマン、お年寄りなど、本当にさまざまな人がいて、なんとなく社会の縮図のようなイメージがあるんです。
そんなお店に行くことで、少しでもママたちの視野を広げられれば…。ママと小さい子供だけの世界も気を使うことなく幸せですが、毎日となると私にとってあまり魅力は感じられません。子連れでも行ける一般のレストランを紹介したいと思った理由は、そこにあるんです。
サイトに掲載されているお店は、今西さんが実際に取材をされているのですか?
今西ママ同士の口コミで評判のいいお店や、ママになるまえに行っていたお気に入りのお店に、ベビーカーに子供を乗せて取材に行っています。まずは、私が住んでいる六本木・麻布十番エリアから取材を始めたのですが、今では「エリアママ」という協力スタッフに、銀座、赤坂、代官山、横浜など、各担当エリアのレストランを取材してもらっています。
サイトの運営はどのように行っているのですか?
今西私と主人はウェブの制作会社をしておりまして、自分たちでサイトを作っています。自営ですので、一般の人より家族と過ごせる時間が長く、仕事を持つママとしては恵まれていると思います。仕事と子育てを両立するには、保育園に預けたり協力してくれる人がいたりしないと難しいですからね。

2 赤ちゃんができたからこそ今の自分がいる

家族構成を教えてください。
今西夫と子供2人の4人家族です。実は私たち夫婦は、結婚して7年くらい子供がいなかったのですが、「子供は仕事が落ちついてからでいいかな」なんて思っていました。ですが、2008年の年末、「もし私たちに子供が授からなかったらどうしよう?」と急に不安になったんです。そこで、すぐに不妊治療を行う病院を探し、年をまたがずに通院を始めました。
妊娠するまではたいへんでしたか?
今西検査の結果、私の子宮に弱いところがあることが判明し、「ホルモン注射」(※)などの治療を行いました。何年も子供が授からないことも覚悟していたのですが、半年ほどで妊娠することができました。やはり、自然な状態で妊娠することは難しかったと思いますので、あのとき行動して良かったと思います。
主人が協力的だったことも、いい結果につながった要因のひとつです。不妊に悩んでいるご夫婦はたくさんいると思いますが、自分だけではなく、旦那さんが治療を受けることも必要な場合がありますので、気になったら一度受診されることをおすすめします。
※妊娠しやすい身体にするために、女性ホルモンを補充する注射。排卵を誘発し、卵子を育てる効果がある。
無事に産まれて、本当に良かったですね。
今西そうですね。こういったことって、結果的に妊娠して産めたから人に話せるんだと思います。クリニックは本当にセンシティブな空間で、何年も通うことになると思ったら…と心が折れそうにもなりました。
不妊治療中は、私も妊娠するための身体を作る、いわゆる「妊活」の本を買って勉強しました。中には治療をやめたら自然に妊娠したという話も聞きますが、女性として心も身体もリラックスでき、前向きな気持ちはあったほうがいいと思います。
お子さんが産まれなかったら、「東京こども星★レストラン」も生まれなかったかもしれませんね。
今西私は、おいしくて雰囲気のいいレストランやカフェが大好きなのですが、子供ができてからは、「あのお店はベビーカーで行っていいの?」というような疑問を感じるようになりました。
実際にインターネットでお店を探してみると、ベビーカーで入れるかどうかは書いてないし、子供が泣いたときのことを考えたら、ファミレスじゃないと難しいのかなと思ったんです。私と同じ想いのママは、きっと多いはずです。そこで、ママ目線で事前に必要なことがわかるレストランの情報サイトを、自分で作ろうと思うに至りました。
サイトの読者は、どのようなタイプの方が多いですか?
今西私と同じく、「子供がいても女性でいたい」といったママが多いと思います。最近ではさまざまな企業と、「美と食事」にこだわったイベントやセミナーを開催しているのですが、「おむつ」といったママ向けのものを取り上げるより、「ヘアメイク」や「旅行」「おしゃれな食事」といった、女性が喜ぶようなテーマが好評ですね。
また、イベントやセミナーは、ひとりでも行ってみたいと思ってくれるようにすることを心掛けています。ママたちの出会いの場にもなってほしいですからね。
同じ境遇のママ友が増えるのは心強いですよね。
今西そうですね。専業主婦やシングルマザー、お仕事をされているママなど、イベントを通じて友達になったら自分の世界が広がりますよね。子供がいると、「何ヵ月ですか?」といった会話から友達になれるんです。「子供がいる」という共通点があるだけで、友達になれたり話ができたりするのは、ママならではの特権かもしれませんね。
今西さんご自身、サイトを始められてからママ友は増えましたか?
今西サイトを通じて発信力を持つようになれば、伝えたい情報を広めることができます。私の場合は、そこからママ起業家の方などと知り合う機会が増え、活動の場が広がっていきました。
また、私はリアルの付き合いはもちろん、ネット上でもどんどん人と関わっていきたい性格なんです。以前はメルマガで、一方的にしか伝えることができませんでしたが、今ではブログやツイッターでメッセージをもらうことができ、それをすぐにサイトに反映することができます。読者との距離感はかなり近いですよね。

3 さまざまな企業とママの橋渡しをしたい

保険見直し本舗の「無料保険個別診断」イベントも開催していただいていますよね。
今西おいしいランチを無料でいただきながら、保険の診断ができる保険見直し本舗のイベントは、ママたちにとても好評ですよ。実はこのお話をいただいたときに、「しつこく保険に勧誘されたらどうしよう」という心配があったので、最初にみずから保険の見直し相談をさせていただきました。実際に相談をしてみると、担当してくださった女性のコンサルティングアドバイザーの人柄は良く、提案内容は非常にプロフェッショナルでしたので、周りのママさんたちにすすめられると確信しました。
ランチというママが動きやすい時間帯とベビーカーや赤ちゃん連れでもOKという空間は、これまで保険のことが気になっていたけどきっかけがなかった人にとって、とても相性がいいんだと思います。もしかしたら、参加されたママたちの自宅の近くに「保険見直し本舗」があるかもしれませんが、気軽にみんなで保険について話を聞くことができるというコンセプトが良かったんでしょうね。このようなイベントは、ほかの企業とも積極的に続けていきたいと思っています。
保険の見直しサービスを受けるまえは、確かに不安だったという方は多いです。
今西相談サービスを受けるまえは、どんな人が対応してくれるのかわからないですよね。相談の際はプライベートなこともたくさん話さなくてはいけないので、窓口が信頼できる人であるということはとても重要だと思います。
現在の保険の加入状況やこれからの子育ての予定を話すことで、将来を見据えた保険の提案をしてくれるのは、ママたちの安心につながります。実際私も、2人目の子供が産まれたときに相談したのですが、とても安心することができました。
保険に関してきちんと考えているのですね。
今西私は8歳のころに父を事故で亡くしていて、終身保険で助けられた経験があるからかもしれません。母は専業主婦だったのですが、一家の大黒柱が突然いなくなり、生活は昨日までと一変してしまいました。保険に入っていなかったら、もっと苦労していたでしょうね。
ふたりのお子さんの母親になり、心境の変化はありましたか?
今西私のような女性も少なからずいるとは思うのですが、独身のころは、あまり深く考えずに行動していたタイプなんです。「独身だったら何でも好きなことができるのに…」「結婚したら自分に費やせるお金も時間もなくなってしまう」という考えもありました。
子供がいない人生を選ぶこともいいと思いますが、私は人生の幅が広がる期待を込めて、子供を産む人生を選びました。子供といると、つらいことと楽しいことがジェットコースターのように毎日やって来るのですが、それがすごく楽しいんです。
今後、「東京こども星★レストラン」をどのようなサイトにしていきたいですか?
今西おかげさまで会員数は増えてきており、できることも増えているのを感じています。例えば、うちのサイトを見てくれているママのタイプをアンケート調査で調べて、そのママたちが喜ぶ何かを生み出していくこともできると思います。
私は、あまり仕事一辺倒の考えは得意ではなくて、みなさんが楽しんでくれたら、そして私自身も楽しめたらということばかり考えています。ですから、主人や周りの人のアドバイスを聞きつつ、芯はブレないように「東京こども星★レストラン」を続けていきたいと思っています。
みなさんには、「子供ができてもお出掛けを楽しみたい」という気軽な気持ちでサイトを利用してもらい、新しい出会いやイベントを楽しんでほしいと心から思っています!

「東京こども星★レストラン」について

赤ちゃんや子供といっしょに楽しめる、カフェ・レストランを紹介している情報サイトです。お店の情報以外に、ママのライフスタイル全般を応援するコンテンツも用意されています。

【HP】
ホームページはこちら
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PAGETOP