消費税は何に使われているの?

Columns

消費税は何に使われているの?

消費税は、消費一般に対して広く公平に課される税です。
そのため、原則として全ての財貨・サービスの国内における販売、提供などが課税対象になります。
  • ①事業者を納税義務者として、その売上げに対して課税
  • ②税の累積を排除するために、事業者は、売上げに係る消費税額から仕入れに係る消費税額を控除し、その差額を納付
  • ③事業者に課される消費税相当額は、コストとして販売価格に織り込まれ、最終的には消費者が負担

「もっと知りたい税のこと 令和元年10月」(財務省)
(https://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei0110/05.htm)を加工して作成

消費税の軽減税率の制度について

日々の生活における負担を減らすため、下記の対象品目に係る税率を8%に据え置きます。
・飲食料品(お酒・外食を除く)
・新聞 など
・その他の品目は10%

消費税はなぜ引き上げされるのか

消費税率引上げによる増収分は全て社会保障に充て、待機児童の解消や幼児教育・保育の無償化など子育て世代のためにも充当し、
「全世代型」の社会保障に転換します。
  • ①待機児童の解消:2020年度末までに32万人分の受け皿を拡充
  • ②幼児教育・保育の無償化:3歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園・保育所・認定こども園の費用を無償化(0歳~2歳児についても、所得が低い家庭を対象として無償化)
  • ③高等教育の無償化:所得が低い家庭の真に必要な子どもたちに対し、授業料減免・給付型奨学金の支給
  • ④介護職員の処遇改善:介護職員の処遇改善により、介護の受け皿を確保
  • ⑤介護保険料の軽減:所得が低い高齢者の保険料の軽減を強化
  • ⑥年金生活支援給付金の支給:所得が低い年金受給者に対して最大6万円を給付

「これからの日本のために財政を考える」(財務省)
(https://www.mof.go.jp/zaisei/sustainable-systems/index.html)をもとに弊社作成

まとめ

気になる消費税について、理解していただけたでしょうか?
多くの人が暮らしやすく、また今後の未来のためにも消費税は重要ですね。
消費税は年々引き上げられていますが、現状の社会課題を解決できるように、その一員として担っていきましょう。