やさしい保険講座

保険選びのコツや保険で知っておきたいことなどを
見直し前にチェック

40代保険選びのポイント

体力・実力ともにますます充実して、仕事面でも責任ある立場を任されたり、これまでの経験を発揮することができる40代。しかし、まだまだ元気に見えても、体力面での無理は禁物です。自己管理も能力のひとつとして問われる年代ですので、健康管理には十分注意しましょう。
40代後半は、中高年層としての充実とともに、老後に向けた対策も視野に入れる時期となります。

40代独身の保険選び

公私ともに安定し、マイペースで充実した日々を送られている人も多いと思います。自由で落ち着いた日々を守るためにも、「万一のときに自分が困らない」ということを最優先に保障を考えましょう。
死亡保障は、自分の葬儀代や死亡後の整理に必要なる資金となるような、低めの保障を確保します。それには、一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる、「終身保険」が最適です。
そして、特に優先したいのは医療保障です。40代になると、生活習慣病や女性疾患のリスクが急激に高くなります。そのため、こういった保障も重要になってくるのです。
さらに、老後への備えとなるような貯蓄も必要となってきます。老後の生活資金のための「個人年金保険」や、一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などを活用しましょう。

40代ファミリーの保険選び

家族への責任を持っている人は、自分が万一のときに発生する家族への影響を最重要視して保障を選びましょう。特に、一家の大黒柱の立場の人は、子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となります。「収入保障保険」や「定期保険」を活用して、上手に高額保障を確保しましょう。
子供が高校や大学へ進学する時期を迎えられる場合は、支出が一気に増大します。家計のやりくりがきびしくなりますが、人生のがんばり時です。生命保険を見直して節約するなど、さまざまな工夫で乗り切ってください。
また、子供が社会人になると、高額な死亡保障が不要となり、保障内容を老後に向けたものにシフトしていくタイミングとなります。医療保障は終身タイプのものにし、生活習慣病に備えた保障や介護保障なども検討するといいでしょう。確実なのは、専門家に相談してみることです。
余裕がある場合には、老後の生活資金のための「個人年金保険」や、一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などを活用しましょう。

世代別・保険選びのポイント

取扱保険会社

生命保険会社(26社)

取扱生命保険会社

  • アクサ生命
  • 朝日生命
  • アフラック
  • SBI生命
  • エヌエヌ生命
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • 住友生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 大樹生命
  • 太陽生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • ニッセイ・ウェルス生命
  • ネオファースト生命
  • フコク生命
  • フコクしんらい生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 明治安田生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命

取扱損害保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アイペット損保
  • アニコム損保
  • AIG損保
  • SBI損保
  • ジェイアイ傷害火災保険
  • セコム損害保険
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • そんぽ24
  • Chubb損害保険
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保

取扱少額短期保険会社

  • SBIいきいき少額短期保険
  • さくら少額短期保険
  • ジャパン少額短期保険

募集代理店 保険見直し本舗

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー6F
TEL:0120-33-0526   FAX:03-3461-3708

Copyright© 2019 Hoken Minaoshi Honpo Co.,Ltd. All rights reserved.
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP