1000万円以上って本当!?教育費シミュレーションしてみよう!

お子様の教育資金の準備は
されていますか?
現在のお子様の年齢から
大学までに必要な教育費の総額を
シミュレーション!

まずはお子様の年齢を選択!

私立?公立?進学校を選択!

幼稚園(3年間)
小学校(6年間)
中学校(3年間)
高校(3年間)
大学(4~6年間)

(自宅外通学の場合)毎月の仕送り額

金額

年数

これから必要な
教育費の総額

合計0万円

(うち仕送り額0万円)

今から大学受験前(17歳)までに積立てるには…

[年間]約0万円

[月額]約0万円

必要な計算となります

[出典]■幼稚園・小学校・中学校・高校の金額 学校種別の学習費総額(学校教育費、学校給食費、学校外活動費の合計)。文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」をもとに算出。高校は全日制の金額。■大学の金額 [国立]入学金「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」、[私立]入学金・施設設備費・授業料「文部科学省 私立大学等の平成25年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、[国立]授業料[国立・私立共通]その他の学校納付金・修学費・課外活動費・通学費の合計(昼間部)「独立行政法人日本学生支援機構 平成26年度学生生活調査」をもとに算出

保険で計画的に教育資金を準備できます!保険見直し本舗の無料保険相談サービスは、保険のプロが保険を使った賢い教育資金の備え方をご説明し、40社以上の取扱保険会社からあなたのご家庭に合った保険プランをご提案します

キャンペーンの詳細&
お申込みはこちら

※お電話でご予約の場合はとお伝えください。

保険を使った学資プラン3つの特徴

保険のメリット1
貯蓄性に優れている!
銀行預金と比較して、返戻率が高い保険商品もあります。支払った保険料よりも受け取り額が多くなります。
保険のメリット2
親に万一の事が
あっても安心!
親に万一のことがあった時には、保険料の支払いが免除され、 死亡保険金を教育資金として確保することができます。
保険のメリット3
意識せず確実に
貯蓄できる!
解約しない限り毎月一定額を支払うので確実に積み立てることができます。ついつい使ってしまう心配もありません。
▼ 加入時の注意点
早めに加入することで払い込む期間を長く設定できるため、毎月の保険料の負担を少なくすることができます。保障は契約した時点で始まるため、契約者(親)に万一のことがあっても、プランどおりの保険金を受け取ることができます。
途中で解約すると、受け取れる解約返戻金は、それまでに支払った保険料を下回ってしまうことがほとんどです。解約をしないためにも、初めから無理のない保険料に設定することが重要です。
保険会社によって、さまざまな特約が異なります。複数の保険商品を比較することをおすすめします。

一番良い保険はどれなの?

「一番良い保険」は
一人ひとり異なります!

保険商品にはそれぞれ特徴がありますので、お客様の家族構成やライフプラン・経済状況などにより最適なものは異なります。
まず「保険に加入する目的」をはっきりさせることから始め、あなたにぴったりの保険を選ぶことが大切です。

ぴったりの保険を自分で探すのは大変…

そんなあなたに!
契約実績100万件
保険見直し本舗の
無料保険相談サービス!

  • サービスは全て無料
  • 保険のプロがご提案
  • 40社以上の取扱保険会社数
  • 取扱保険会社から比較して選べる
  • 全国直営展開240店舗以上
  • 複数社の契約もまとめて管理
  • 契約後もずっとサポート

お客様を担当するのは、保険見直し本舗が扱う保険会社の商品について、特性や価値・活用方法等さまざまな知識を持った保険のプロです。
複数社の商品を比較できるというメリットを多くのお客様にご利用いただき、契約実績は100万件を突破。すでに加入されている保険の見直しはもちろん、新規でのご加入もお気軽にご相談ください。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険」をご提案します

保険見直し本舗は全国255ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険を使った教育資金の備え方なら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

キャンペーンの詳細&
お申込みはこちら

※お電話でご予約の場合はとお伝えください。

保険の無料相談予約は随時受付中!