保険を見直したい

保険を見直すにあたって、就職や結婚・出産といった人生の
ライフシーンに合わせた生命保険の見直し事例やポイントをご紹介します。

今の保険を見直したいと思ったら

保険の見直しは、ライフシーンの変化が訪れた時が考えるべきタイミングです。今加入している保険を見直そうかとお考えの方に、保険を見直す時の注意点や見直し方法、また就職や結婚・出産などさまざまなライフシーン別の具体的な保険の見直し事例をご紹介します。

lesson1保険見直しの注意点

生命保険を見直すには、まず現在加入中の保険の内容を再確認することが必要となります。ご家族が加入している保険証券をすべてそろえて、内容をチェックすることから始めましょう。現在の内容をしっかり把握することで、過不足が明確となり改善点が見えてきます。
また保険証券は、一見しただけでは内容がわかりにくいものも多くあります。自分だけで考えるよりも専門家のアドバイスを受けるほうが効率も良く、素早く内容を把握することが可能です。

見直す時期を見極めよう

保険の見直しは人生の節目となるようなライフシーンの変化が訪れたときに併せて行う、と考えるといいでしょう。「就職」「結婚」「出産」「住宅購入」「子供の独立」「定年退職」など、ライフシーンに応じて必要保障額の変化が生じるからです。ほかにも「転職」「家の売却」「離婚」「収入減」「支出増」「既存の保険契約の満期や更新時期」といった場合にも、保険の見直しが必要となります。
ただし、人生の節目というのはたいへん忙しく、出費もかさむ時期です。例えば結婚や出産の前後はその準備で手一杯になりますし、既存の保険契約の満期・更新時期ギリギリになってからでは効率のいい保険の見直しができない場合がありますので、節目の時期になってから慌てないように「少し早めに計画的に行う」のがポイントです。

見直しのコツ

保険は加入時の年齢によって保険料が決まり、加入時の年齢が高くなるほど保険料も高くなります。若く保険料が安い時期に加入した保険を、安易に切り替えないほうがいい場合もあります。また、古い保険ほど予定利率が高いので、貯蓄性のある保険は安易な切替えは禁物です。
一方で、新しい保険商品のほうが今の時代の医療事情などに合っている、という場合もあります。特に、医療・がん・死亡保障など、万一の場合の商品は、保障範囲が広くなっているなど、優れているものもあります。
保険見直しの際にはこういった点を踏まえ、総合的な判断が重要です。どれをやめるかというよりも、どれを残すほうがより有効かと考えることがポイントです。

慌てて既存契約を解約しない

新しい保険契約に加入し直す際は、必ず新しい保険契約が有効に成立したあとで現在の契約を解約するようにしましょう。新契約の正式な成立は、申込書類に不備や記入漏れがなく、保険会社所定の診査や告知が通り、1回目の保険料が保険会社に着金してからとなります。健康上の問題であとから保険に加入できないことがわかったり、書類に不備があって保険契約の成立が遅れたり、クレジットカード払いなど1回目の保険料支払いが数ヵ月先となるような場合は、たとえ手続きが全部終わっていても、保険契約自体は成立していない場合があるのです。
仮に、こうした無保険となっている期間に病気やケガをしても、保険金や給付金を受けることはできませんので注意が必要です。

lesson2生命保険の見直し方法

生命保険の見直し方法には、現在の契約を解約して新たな保険に加入し直すという方法だけではなく、目的によっては他にもいろいろな方法があります。その中からより良い方法を上手に組み合わせて選ぶことが大切です。
まずは家族全員の加入中の保険を検証して、どの契約をどのような方法で見直すべきか、専門家にアドバイスを受けながら判断していきましょう。

保険料を安くしたい・保障を減らしたい場合

「車などの大きな買い物」や「家族で旅行をする」「子供が私立学校に進学する」「子供が習い事を始めた」など、急な出費や漠然とした不安などからも、保険料をもっと節約する必要性を感じる場合があるかと思います。
そんなときは家計全体の収支状況からどのくらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険の思い切ったスリム化を図りましょう。保険料を抑えるにはいくつかの方法がありますので、その中から自分に合った方法を探すことが大切です。

解約 → 新契約加入 既存の契約を解約して、保険料の安い保険に加入し直す
特約解約 現在の契約の特約など、不要な部分を一部解約する
減額 現在の保障を小さくする

保障を増やしたい場合

保険は時代とともに変化しています。特に医療保障に関連する保険は、新しい商品のほうが現代の医療事情に合っています。契約中の保険商品の内容によっては、新たな保険に変えたほうがいい場合もあります。
また今契約している保険で貯まっている責任準備金や積立配当金を、頭金のように充当して同じ保険会社の新しい商品に変える方法を「転換」と言います。解約返戻金よりも責任準備金のほうが金額が多くなりますので、解約してほかの保険商品に加入し直すより転換のほうが得となります。今までの保険料とほとんど変らずに保障を充実させることができるなど、そのまま更新するよりも安く契約できる場合もあります。見直しの目的が「今よりも保障をもっと充実させたい」という場合には、うまく活用できれば便利な制度です。

新契約の追加加入 現在の契約を解約せずに、新しい契約に加入して保障を増やす
特約中途付加 現在の契約に特約を中途付加して保障を増やす
解約 → 新契約加入 現在の契約を解約し、保障の充実した保険に加入し直す
契約転換制度 現在契約している保険契約の責任準備金や積立配当金を、転換価格として充当し、同じ保険会社の新しい商品に加入する
転換価格を頭金のような形で充当するため、新規加入するよりも保険料が割安になります。なお、転換制度を利用できる保険会社や商品は限られます。また、転換制度を利用することで、将来の受取額が減少する場合がありますのでご注意ください。

保険料の支払いをやめたい場合

長い人生、収入減少など何らかの理由で、保険料を支払うのが困難になってしまうことがあるかもしれません。保険を解約する場合は契約者本人が手続きを行う必要があります。解約方法は解約書類を請求して郵送で手続きを行う場合や、契約者本人が保険会社の窓口に出向いて手続きを行う場合など、保険会社によって違いがあります。詳しくは保険会社か保険代理店でご確認ください。

ちなみに貯蓄性のある保険を途中で解約すると損をする場合がありますが、貯蓄型保険を「払済保険」に変えることで、支払いを終了しそのあとも有効に運用できる方法もあります。また保険料の支払いを中止し、その時点での解約返戻金を元に保険料の一時払いを行い、保険期間を短くした保険を「延長保険」といいます。延長保険にすると保険期間は短くなりますが、保障額を変えずに保険料負担をなくしたい場合におすすめです。詳しくは保険見直し本舗までお問い合わせください。

解約 現在の契約を解約する
払済保険 支払いを中止し、同じ保険期間で保障を小さくする
現在加入している死亡保険の、その時点の解約返戻金を一時払い保険料に充当し、既存の契約と「同じ保険期間」のまま「同じ種類」(例:終身→終身)の、保障の小さい保険に変更する。これにより、以降の保険料を支払う必要はなくなり、死亡保険金などの保険金額が減り、特約部分の保障は消滅となります。
払済後の保険料は、契約当時の料率で計算されますので、予定利率が高い時期に加入していた人にとっては、解約して新規に加入するより有利な場合が多い。
延長保険 支払いを中止し、同じ保障額で保険期間を短くする
現在加入している死亡保険の、その時点の解約返戻金を一時払い保険料に充当し、既存の契約と「同じ死亡保障額」の「定期保険」に変更する。これにより、以降の保険料を支払う必要はなくなり、死亡保障額はそのままだが、特約部分は消滅します。
充当する時点の解約返戻金額によって保険期間が異なり、通常、元の保険の保障期間より短くなります。充当金が多い場合は、元の保険の払込満了期間を経過すると保障は終了し、余ったお金は満期金として支払われます。

【注意】保険会社や保険商品によって行える方法は異なります。詳しくは保険会社または弊社窓口までお問い合わせください。

lesson3ライフシーン別・保険見直し事例

「就職」「結婚」「出産」「子供の独立」や「転職」「離婚」「収入減」など、人生におけるさまざまなライフシーンで保険の見直しをするタイミングが訪れます。ライフシーンごとに保険をどう見直していけばいいのか具体的な事例ごとにポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

保険見直しのタイミング 1
結婚したら

結婚したら、生命保険についても夫婦一緒に考えることが大切です。夫婦はおたがいに家庭や生活を守る責任が生じるからです。医療保障や死亡保障など生命保険を考えるときは、今の生活を守りつつ将来への貯蓄と保障のバランスを上手に考えながら、効率の良い保険選びをすることが大切です。

保険見直しのタイミング 2
妊娠・出産したら

妊娠・出産は、保険を見直す大事なタイミングです。子供が成人するまでの生活費や教育費はもちろん、共働きの夫婦の場合でも子供が小さいうちは仕事に制限が出る可能性がありますので、生活保障も含めた保障を確保する必要があります。大切な子供の未来のためにも、今一度自身の保険を見直しましょう。

保険見直しのタイミング 3
マイホームを購入したら

マイホーム購入は、大きな夢の実現であると同時に家計全体を見直す人生の節目となります。住宅ローン返済や固定資産税の納税のほか、一定時期ごとに必要な住宅のメンテナンス費用などに備えて、家計の見直しが必要となります。

保険見直しのタイミング 4
子供が独立したら

子供が独立したら、長かった親としての責任や教育費の負担から解放されて精神的にも経済的にもゆとりが出てきます。今後は「自分自身や夫婦ふたりが安心して心豊かな生活をするために」という観点で保険の見直しをするといいでしょう。

保険見直しのタイミング 5
独立・開業したら

会社員が独立や開業をして個人事業主になった場合、もしものときに受けられる公的保障の内容も大幅に変わります。一般的に会社員の加入する健康保険や厚生年金の方が国民健康保険や国民年金よりも充実していますので、その不足分を民間の保険でカバーする必要があります。

保険見直しのタイミング 6
シニア世代になったら

シニア世代の保険は「安心して第二の人生を送れるように」という目的で見直すことが大切です。たとえば「入院したらどのぐらい費用がかかるのか」「現在の預貯金や生活資金にどの程度影響するのか」ということを客観的に考えるようにしましょう。

保険見直しのタイミング 7
定年したら

定年退職する頃には、住宅ローンが終了していたり子供が独立しているなど、自分が死亡したときの家族への必要保障額は少なくなり、定年後の生活や医療費の確保など長生きに向けた対策が必要となります。第二の人生を安心して送れるように保険をうまく活用しましょう。

保険見直しのタイミング 8
家を売却したら

さまざまな事情により家を売却することになった場合は、保険も見直す必要があります。自宅の売却後、環境がどのように変わるかによって保険の見直し方にも違いが出てきますので、専門家と相談して自分に最適な保険に見直しましょう。

保険見直しのタイミング 9
離婚してシングルマザーになったら

現代は多くの人が離婚する時代です。特に小さな子供を抱えてシングルマザーになった人にとっては生活費の確保が最大の不安要素となります。他にも子供の学費や自分がもしもの時のことなど不安要素は多数あります。母と子の生活を安心して送るためにはどのように保険を見直すべきか冷静に考えることが大切です。

保険見直しのタイミング 10
契約更新の時期がきたら

保険の更新時期になると、保険を更新(継続)するかしないか選択の手続きが必要となりますので、必然的に保険について考えなければなりません。更新時期の保険見直しには間違えやすい危険なポイントがいくつかありますので特に注意すべき点を紹介していきます。

保険見直しのタイミング 11
収入が減少したら

家計に変化があり収入が減少した場合は、現状の収入や加入している公的保険の内容などを確認して、必要保障額を正しく算出し直すことが必要です。家計全体の収支状況からどのぐらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険のスリム化を図りましょう。

保険見直しのタイミング 12
今の保険に不安を感じたら

現在加入している保険が「自分や家族に本当に合っているものなのか?」「もっといい保険があるんじゃないか?」そんな漠然とした不安を抱えている人も少なくないのではないでしょうか。現在加入中の保険に不安を感じているなら、まずは専門家に相談しましょう。

保険見直しのタイミング 13
保険料を抑えたいと思ったら

急な出費や漠然とした不安などから保険料を抑えたいと思ったら、家計全体の収支状況からどのくらい保険に回せるかを改めて計算し、予算に応じて保険の思い切ったスリム化を図りましょう。保険料を抑えるにはいくつかの方法がありますので、その中から自分に合った方法を探すことが大切です。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国253ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)

取扱生命保険会社

  • アクサ生命
  • 朝日生命
  • アフラック
  • SBI生命
  • エヌエヌ生命
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • 住友生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 太陽生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • ネオファースト生命
  • フコク生命
  • フコクしんらい生命
  • マスミューチュアル生命
  • マニュライフ生命
  • 三井生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 明治安田生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命

取扱損害保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アイペット損保
  • アニコム損保
  • AIG損保
  • SBI損保
  • ジェイアイ傷害火災保険
  • セコム損害保険
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • そんぽ24
  • Chubb損害保険
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保

取扱少額短期保険会社

  • SBIいきいき少額短期保険
  • さくら少額短期保険
  • ジャパン少額短期保険

募集代理店 保険見直し本舗

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー6F
TEL:0120-33-0526   FAX:03-3461-3708

Copyright© 2018 Hoken Minaoshi Honpo Co.,Ltd. All rights reserved.
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP