損害保険の種類

Category

保険見直し本舗でお客様から受けている相談内容に対して、実際にどうアドバイスしているのかご紹介します。

損害保険の種類

火災・水災・風災・盗難・・・など、住宅が受ける損害を補償する火災保険。
自動車保険は車での事故や故障等に生じる損害を補償する保険など、
時代ごとのニーズに合わせてさまざまな損害を補償する損害保険が生まれています。

  • 火災保険

    建築物(建物)や動産(家財)に対しての火災や落雷天災による風雹水災、建物外部からの物体の衝突、水濡れ、盗難などにより建物や家財に生じた損害に幅広く備える保険です。

  • 地震保険

    地震を起因(原因)とした火災や破損、津波・噴火などが火災保険では補償範囲外ですが法令に基づき主に広域損害に備える保険です。
    地震保険は単独加入は出来ず、火災保険とあわせてご契約いただく必要があります。

  • 自動車保険

    自動車事故の際、搭乗者、第三者賠償、車などに生じる損害に備える保険です。自動車損害賠償保障法に基づき原則としてすべての自動車・原動機付自転車の保有者に加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)と、上乗せとして加入する任意保険があります。

  • 傷害保険

    主にケガでの補償。突然の事故による入院や通院、死亡などにより生じた損害に備えるための保険です。

  • 所得補償保険

    病気やケガなどで働けない状態になった場合、働けない期間の収入を補うことを目的とし、就業不能状態になった場合に保険金額を受け取る保険です。一般的には1ヶ月のいくらという保険金額の設定をします。

  • レクリエーション
    保険

    レクリエーションに参加する団体のための損害保険のこと。行事中の事故で参加者がケガをした場合の入院や手術、通院のほか、死亡、後遺障害に対しての補償。

  • 海外旅行保険

    海外の多くの国では日本の公的健康保険が適用されず治療費の100%を支払わなくてはならない事が大半です。旅行中に病気やケガをしたときの高額な医療費や盗難に遭った際の補償などをしてくれるのが海外旅行保険です。
    金銭的な補償だけでなく、トラブル処理や現地での日本語サポートなどのサービスも受けられる事もあります。

  • 自転車保険

    自転車保険は被保険者のケガ自体を補償してくれるだけでなく、歩行者などを怪我させたという、自転車側に責任を問われる加害事故において、大きな効力があります。最近では小学生~高校生の子供が、自転車による死亡事故を引き起こした際に、6,000万~9,000万円の賠償額を請求されるという判例も増えています。また全国で初めて、兵庫県が2015年4月1日より、自転車を利用する人の賠償責任保険の加入が義務化されました。
    現在大阪府や滋賀県なども条例を制定し、今後全国的に自転車の購入者に自転車保険の加入義務化と、所有者に努力義務(ただし、未加入でも罰則なし)になる動きが出てきています。

  • ペット保険

    犬や猫などのペットの医療には人間と違い公的健康保険がありません。人間なら健康保険に加入していれば、診療費も薬代も通常3割負担ですが、動物の場合は100%診療費となります。
    治療が長引いたり手術が必要な場合にはかなり高額の治療費がかかってしまう事がありますがペット保険では、ペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償します。

  • ゴルファー保険

    ゴルフの練習中や競技中などにおこった事故で他人に損害を与えた場合に対する、賠償責任を補償や、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合のお祝い費用も補償されたりします。

お客様一人ひとりのご意向を大切にした
「オーダーメイドの保険選び」を
お手伝いします