損害保険を見直すポイント

Point

保険見直し本舗でお客様から受けている相談内容に対して、実際にどうアドバイスしているのかご紹介します。

損害保険を見直すポイント

日常生活の中に潜むリスクは生活環境により大きく異なります。住居・住宅は購入物件(分譲)なのか賃貸なのか、車を所有しているのか、
家族構成やご職業など、人によって違う生活の中での「条件」や「安心したいポイント」などを整理し比較検討することで、
よりぴったりの補償を得ることができるのが損害保険です。
ポイントとして抑えたいのが「保険料で比較」「何かあったときの補償範囲で比較」「付帯サービスで比較」の3点です。

保険料で比較

保険料は、補償の範囲、補償内容、特約の有無をはじめとして、
いざ損害が発生した際の免責金額(自己負担金)や適用される割引、また付帯サービスの充実度など、
言い換えれば「どこまで手厚いのか、またはそれを求めるのか」などによって変わってきます。

控除額 保険
会社A
保険
会社B
保険
会社C
補償内容
免責金額
補償の
範囲
特約の
有無
付帯
サービス
保険料 ★★★ ★★

基本的な保障内容や補償の範囲が同じだったとして、割引の有無や、付帯サービスの充実度は保険会社によって異なります。

「何かあったとき」の
補償範囲で比較

保険金額や補償範囲は保険会社によって異なる場合があります。
火災保険では仮住まいや、瓦礫の片づけ費用などの補償が含まれていたり自動車保険では万が一の事故時に
宿泊費用や代車費用などの補償が含まれる場合があります。

  • 仮住まい
    費用

  • 瓦礫片付け
    費用

  • 宿泊費用

  • 代車費用

どこまで手厚い補償があるか、また補償の範囲をどこまで設定できるか、なども保険会社によって異なります。

付帯サービスで比較

損害保険では補償されるのは、各種災害だけではありません。水回りのトラブルや、鍵の紛失による開錠、車のレッカー・ガス欠時などのガソリン補給など日常生活で起こりうるトラブルについても便利なサポートが受けられます。
この付帯サービスの充実度も保険会社によって異なります。

  • 水回りトラブル

  • 鍵のトラブル

  • レッカー手配

  • ガス欠トラブル

付帯サービスとして、会社が提供しているサービスの種類や範囲も保険会社によって異なります。

弁護士の紹介サービスや、医師に相談できるサービス、またそういったサービスが無いが、保険料が低めに設定されているような保険会社も。

お客様一人ひとりのご意向を大切にした
「オーダーメイドの保険選び」を
お手伝いします