保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

妊娠・出産したら(夫の場合)

妻が妊娠・出産をしたら、夫は自分の保障を見直す大事な時期となります。子供が成人するまでの生活費や教育費はもちろん、共働きの夫婦の場合でも、子供が小さいうちは妻は仕事に制限が出る可能性がありますので、妻の生活保障も含めた保障を確保する必要があるのです。

正しい必要保障額を算出する

自分に万一のことがあっても、子供が18歳になるまでは公的な保障「遺族年金」が給付されます。遺族年金は、加入中の公的年金の種類によって受け取る内容が異なってきます。
このような、加入中の社会保険に応じた公的保障分や配偶者の将来の収入予定などの要素を差し引いて、正しい必要保障額を算出し無駄のない保障を確保しましょう。

必要保障額の推移

高額保障は定期保険や収入保障保険で効率良く準備

一家の大黒柱にとって、子供が小さいうちは人生の中で最も高額な保障を必要とする時期となります。こういった時期は、保険料が安い掛け捨ての保険商品を利用することで、効率良く必要保障額を備えることができます。「定期保険」などがこれにあたります。
こうした家族のための保障の確保に加えて、さらに予算が取れるようでしたら、貯蓄性のある一生涯保障の「終身保険」なども併せて検討されるといいでしょう。このように、死亡保障は「家族のためのもの」と「自分の老後のためのもの」を分けて準備することで、より効率が良くなります。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国229ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP