保険を見直したい

就職や結婚、出産など、
ライフシーンに合わせた生命保険の加入例をご紹介。

契約更新の時期がきたら

定期付終身保険やアカウント型保険などの「更新型」と呼ばれる保険商品は、10年など一定期間で更新時期を迎えます。保険を更新すると、そのときの年齢に応じた保険料で、新たな保険契約をスタートさせることになります。簡単に言うと「更新ごとに保険料が値上がりする」ということです。

更新時期になると、保険を更新(継続)するかしないか、選択の手続きが必要となりますので、必然的に保険について考えなければなりません。更新時期の保険見直しには、間違えやすい危険なポイントがいくつかありますので、特に注意すべき点を紹介していきます。

早めに対策を

できるだけ早めに見直しに着手してください。さまざまな方法からベストな方法を選ぶためにも、きちんと検討する時間を取りましょう。ギリギリになって選択を誤らないよう、できれば更新時期の1~2年前に検討を始めた方が無難です。

更新する、しないの判断のポイント

長期間続けてきた契約ですが、保険は時代とともに変化しています。特に医療保障に関連する保険は、新しい商品のほうが現代の医療事情に合っています。契約中の保険商品の内容によっては、新たな保険に変えたほうがいい場合もあります。
一方で、貯蓄性のある保険商品については、古いものほど予定利率が高いため、安易に切り替えると損をする場合があります。また、保険は契約時の年齢によって保険料が決まりますので、10年を過ぎると保険料が一気に値上がりする可能性が高く、予算の都合から保障を下げる判断が必要な場合もあるでしょう。
したがって、更新をするか新たな保険に切り替えるかの判断は、「医療保障の内容」と「貯蓄性」がポイントとなります。また、一部を残し一部を減らすなど、調整することで効率良く見直しをすることも可能です。

転換はした方がいいの?

今契約している保険で貯まっている「責任準備金」や「積立配当金」を、頭金のように充当して、同じ保険会社の新しい商品に変える方法を「転換」と言います。解約返戻金よりも責任準備金のほうが金額が多くなりますので、解約してほかの保険商品に加入し直すより、転換のほうが得となります。今までの保険料とほとんど変らずに保障を充実させることができるなど、そのまま更新するよりも安く契約できる場合もあります。見直しの目的が「今よりも保障をもっと充実させたい」という場合には、うまく活用できれば便利な制度です。
しかし、貯まったお金が充当されてしまうため、貯蓄性のある商品については、将来の受取りが著しく減少して損をする場合があります。こうした点は資料を見ただけですぐに判断できるものではないため、安易に転換を活用するのは禁物です。事前に専門家に相談し、転換した場合と転換しない場合の将来の受取額の違いを確認するようにしましょう。

子供が独立前の場合

子供が独立前の場合、保険の見直しは「自分が万一のとき、子供が独立までのあいだに困らないように備える」という考え方が基本となります。子供の独立時期を考慮し、そこまでに必要な保障を優先して、保険を見直しましょう。

医療保障の充実を

更新のタイミングは、その保険の加入時期に比べて、年齢的に医療保険へのニーズが高まっていると言えます。そのため、医療保障や生活習慣病などへの備えを補充する必要が出てきます。

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

生命保険の無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国229ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

取扱保険会社

生命保険会社(26社)
損害保険会社(18社)
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP