保険見直しアドバイス

保険見直し本舗でお客様から受けている相談内容に対して、
実際にどうアドバイスしているのかご紹介します。

学資保険見直しアドバイス

学資保険とは、教育資金を計画的に貯めるための保険です。
「子供が生まれる(生まれた)から、学資保険を考える」という方も多くいらっしゃいます。

Q1.子供の学費って、どれくらいかかるんですか?

すべて私立に通った場合、約2,256万円かかるという調査結果があります

子供が大学を卒業するまでにかかる学費の総額は、幼稚園から高校までは公立、大学は私立の文系というコースの場合ですと、総額は約1,012万円、すべて私立だった場合には、約2,256万円かかるという調査結果があります(※)。子供が複数人いる場合は、もちろんその分だけかかりますので、保険を利用した計画的な教育費の準備をおすすめします。

※文部科学省「平成26年度子どもの学習費調査」

Q1.子供が生まれたら、やっぱり学資保険は必要?

学資の貯蓄を目的として、保険を使った賢い教育資金の準備をおすすめします。

お子様が生まれて必要になるものは、やっぱり教育資金です。学資保険を教育資金と言いつつ、塾の費用や将来の結婚資金など、何でも使える銀行の貯金と考えてみてください。その貯金が銀行の利率より良かったり、親など契約者に万一のことがあった際の保障がついていれば、いっそう安心ではないでしょうか?

お客様一人ひとりに合わせた
「ぴったりの保険選び」をお手伝いします

教育費の備え方(※)についての無料保険相談予約・お問い合わせは今すぐ!
保険見直し本舗は全国253ヵ所の相談窓口で、保険選びや保険の見直しができる保険ショップです。
保険のことなら保険見直し本舗のコンサルティングアドバイザーにご相談ください。

※現在当社では、教育資金の備え方として「終身保険を活用した学資プラン」をおすすめしております。

教育費シミュレーション

取扱保険会社

生命保険会社(26社)

取扱生命保険会社

  • アクサ生命
  • 朝日生命
  • アフラック
  • SBI生命
  • エヌエヌ生命
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • 住友生命
  • ソニー生命
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 太陽生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • ネオファースト生命
  • フコク生命
  • フコクしんらい生命
  • マスミューチュアル生命
  • マニュライフ生命
  • 三井生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 明治安田生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命

取扱損害保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アイペット損保
  • アニコム損保
  • AIG損保
  • SBI損保
  • ジェイアイ傷害火災保険
  • セコム損害保険
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • そんぽ24
  • Chubb損害保険
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保

取扱少額短期保険会社

  • SBIいきいき少額短期保険
  • さくら少額短期保険
  • ジャパン少額短期保険

募集代理店 保険見直し本舗

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー6F
TEL:0120-33-0526   FAX:03-3461-3708

Copyright© 2018 Hoken Minaoshi Honpo Co.,Ltd. All rights reserved.
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP