保険のはなし

保険に関するさまざまな情報を
保険見直し本舗独自の視点でお伝えいたします。

保険金・給付金が受け取れない場合

保険金や給付金を請求できると思い保険会社に連絡しても、保険金・給付金を受け取れない場合があります。そのようなケースは、おもに下記のようなことが挙げられます。

支払事由に該当しなかった場合

保険金・給付金が受け取れるのは、保険の約款に記載されている所定の「支払事由」が発生した場合です。支払事由は保険会社によって異なりますが、おもに以下のような場合は支払事由に該当せず、保険金・給付金を受け取ることができません。支払事由に該当していると勘違いしないように注意しましょう。

保険金・給付金の支払事由に該当しないケース
  • 支払事由の原因が責任開始日よりまえに発生した場合
  • 手術が、約款所定の支払対象となる手術の種類に該当しない場合
  • 入院した日数が、約款所定の日数に満たない場合
  • 約款所定の支払日数の限度まで、すでに入院給付金を受け取っている場合
  • 人間ドックなど、治療を目的としない入院の場合
  • 入院先が、約款所定の医療機関ではない場合

免責事由に該当した場合

支払事由が発生しても、約款に記載されている「免責事由」に該当した場合、保険金・給付金を受け取ることができません。保険会社によって異なりますが、免責事由はおもに以下のようなものがあります。

約款に記載されている免責事由の例
  • 責任開始日から一定期間内に被保険者が自殺した場合
  • 契約者、被保険者、保険金受取人の故意、または重大な過失により死亡した場合
  • 戦争やその他変乱、地震、噴火、津波により、死亡・入院した場合(全額または一部を受け取れる場合もあります)
  • 被保険者の犯罪行為により、死亡・入院した場合
  • 被保険者の精神障害や泥酔を原因とした事故で、死亡・入院した場合
  • 被保険者が運転資格のない状態、または酒気帯びの状態で車を運転し、死亡・入院した場合

告知義務違反などが発覚した場合

保険契約時に、健康状態や病歴などを隠し、事実を告げなかった場合や事実と異なる告知をした場合は「告知義務違反」となります。告知義務違反が発覚すると、責任開始日から2年以内なら保険会社は契約を解除することができ、保険金・給付金が受け取れなくなることがあります(営業職員などから告知を妨げられたり、告知をしないことをすすめられたりした場合を除く)。また、責任開始日から2年経過していても、支払事由が2年以内に発生していた場合は、契約を解除されることがあります。
なお、詐欺や不法行為などにより、保険契約が解除・取消・無効となった場合にも、保険金・給付金を受け取ることができません。


取扱保険会社

生命保険会社(27社)

取扱生命保険会社

  • アクサ生命
  • 朝日生命
  • アフラック
  • SBI生命
  • エヌエヌ生命
  • FWD富士生命
  • オリックス生命
  • ジブラルタ生命
  • 住友生命
  • ソニー生命
  • SOMPOひまわり生命
  • 大樹生命
  • 太陽生命
  • チューリッヒ生命
  • T&Dフィナンシャル生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 日本生命
  • ニッセイ・ウェルス生命
  • ネオファースト生命
  • はなさく生命
  • フコク生命
  • フコクしんらい生命
  • マニュライフ生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 明治安田生命
  • メットライフ生命
  • メディケア生命

取扱損害保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アイペット損保
  • アニコム損保
  • AIG損保
  • SBI損保
  • ジェイアイ傷害火災保険
  • セコム損害保険
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • Chubb損害保険
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保

取扱少額短期保険会社

  • SBIいきいき少額短期保険
  • さくら少額短期保険
  • ジャパン少額短期保険

募集代理店 保険見直し本舗

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー6F
TEL:0120-33-0526   FAX:03-3461-3708

Copyright© 2019 Hoken Minaoshi Honpo Co.,Ltd. All rights reserved.
お近くの店舗をかんたん検索!
全国店舗検索
無料相談予約
お電話で
フォームで
PAGETOP